新婚の向井理&国仲涼子 仕事では早くも“明暗”浮き彫りに

公開日:  更新日:

 昨年末に結婚した俳優の向井理(33)と女優の国仲涼子(35)だが、新婚早々、明暗が分かれつつある。

 向井は今月、主演したテレビ東京のドラマ「永遠の0」が放送。映画版が86億円超えのヒット作になったとあって、同局は「テレビ東京開局以来最大のドラマ特番」と力が入り、視聴率20%を目標に掲げていたが、11日放送の初回視聴率は9.0%。

「原作者の百田尚樹氏のやしきたかじん本が訴訟沙汰になったことも多少は影響したのか、テレ東幹部にとっては予想外の惨敗だったようだ」(テレビ関係者)

 向井は先日発表された、オリコンスタイルの「第8回恋人にしたい男性有名人ランキング 2015」で昨年の4位から圏外に転落するというオマケつきである。

 一方、国仲は脇役で出演しているフジテレビの月9ドラマ「デート~恋とはどんなものかしら~」が新婚の杏が主演とあって話題に。国仲は言葉遣いが乱暴な元ヤンキー役を熱演しているが、「年齢を重ねて役柄が広がったこともあって、使いやすいのでオファーが絶えない」(民放キー局ドラマ担当者)と評判は上々。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る