目玉なし…フジ「東京マラソン」中継特番に透けた“低迷”理由

公開日:  更新日:

 22日に開催された「東京マラソン2015」。毎年恒例の同大会はフジテレビと日本テレビが1年ごとに生中継特番を放送。今年はフジの当番だったが、久しく視聴率が低迷している勢いのなさが、そのまま中継にも表れてしまったようだ。

「昨年の日テレは、いずれも自局の看板番組に出演するフリーの宮根誠司アナとタレントの山岸舞彩を中心に特番を構成。宮根には目標タイムを設定させ、いかにしてそれを切るかを練習の段階からPR。『ミヤネ屋』でがんがんあおりまくった。山岸は取材で訪れた被災地の少年・少女たちとの心温まる交流をクローズアップするなど、あざといくらいの演出でした」(テレビ関係者)

 当然ながら、今年はフジの手腕が注目されたわけだが、自前で女子アナを走らせるわけでもなく、出場したタレント勢もかろうじて名前がわかるのは猫ひろし、元ボクシング世界王者の内藤大助、水沢アリーぐらい……。その上、スタジオの中継は宮根誠司に丸投げだったのである。4月からは安藤優子キャスターが司会の午後の新番組「直撃LIVE グッディ!」が真裏でガチンコ対決する相手を特番司会に起用するとはお人よしもいいところである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  9. 9

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  10. 10

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

もっと見る