• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

目玉なし…フジ「東京マラソン」中継特番に透けた“低迷”理由

 22日に開催された「東京マラソン2015」。毎年恒例の同大会はフジテレビと日本テレビが1年ごとに生中継特番を放送。今年はフジの当番だったが、久しく視聴率が低迷している勢いのなさが、そのまま中継にも表れてしまったようだ。

「昨年の日テレは、いずれも自局の看板番組に出演するフリーの宮根誠司アナとタレントの山岸舞彩を中心に特番を構成。宮根には目標タイムを設定させ、いかにしてそれを切るかを練習の段階からPR。『ミヤネ屋』でがんがんあおりまくった。山岸は取材で訪れた被災地の少年・少女たちとの心温まる交流をクローズアップするなど、あざといくらいの演出でした」(テレビ関係者)

 当然ながら、今年はフジの手腕が注目されたわけだが、自前で女子アナを走らせるわけでもなく、出場したタレント勢もかろうじて名前がわかるのは猫ひろし、元ボクシング世界王者の内藤大助、水沢アリーぐらい……。その上、スタジオの中継は宮根誠司に丸投げだったのである。4月からは安藤優子キャスターが司会の午後の新番組「直撃LIVE グッディ!」が真裏でガチンコ対決する相手を特番司会に起用するとはお人よしもいいところである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  4. 4

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  5. 5

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

  10. 10

    広島・菊池、ソフトバンク柳田も…地方の大学生を見逃すな

もっと見る