世間にも飽和の空気 「アイドリング!!!」解散の“衝撃と波紋”

公開日: 更新日:

 一部スポーツ紙で報じられた人気アイドルグループ「アイドリング!!!」の10月解散と、同名の冠番組「アイドリング!!!」(フジテレビ系)の9月放送終了について3日、同局の神原孝統括プロデューサーが「残念ながらドッキリではない」とフジテレビ公式サイトで認めた。

「AKB48」が火付け役となった現在のアイドルブーム。

 今では「ももクロ」「私立恵比寿中学」などの人気グループをはじめ、「でんぱ組.inc」といったオタク女子のグループもカリスマ的人気を誇るように。さらには新潟発の「Negicco」などご当地アイドルや「仮面女子」などの地下アイドルがテレビに進出するほどまでに「市場」は拡大している。

 しかし、猫も杓子もアイドルという乱立状態になれば、淘汰が始まるのが世の道理である。今回の「アイドリング!!!」でいえば、芸能界の土俵で生き残れるのは昨年11月にグループを“イチ抜け”していた菊地亜美(24)くらいのもの。他のメンバーのこれからが気になるが、厳しい世界だけに、解散をきっかけに別の道を歩む者も少なくないはずだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  2. 2

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  3. 3

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  4. 4

    静岡で初確認の変異種は経路不明…首都圏・関西に蔓延危機

  5. 5

    マシソンは「球威と角度」以外は欠点だらけの投手だった

  6. 6

    巨人桑田コーチ補佐“先発135球”指令の波紋 何人できるか?

  7. 7

    エンゼルス大谷の現在地 調停金額で分かった二刀流の評価

  8. 8

    立川談志が「柳朝んとこに入った弟子はどいつだ?」と…

  9. 9

    ウイルスでも細菌でもない がんリスクの最大の要素は食事

  10. 10

    近藤春菜「スッキリ」卒業後は婚活?厳格に育ったお嬢さん

もっと見る