日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

世間にも飽和の空気 「アイドリング!!!」解散の“衝撃と波紋”

 一部スポーツ紙で報じられた人気アイドルグループ「アイドリング!!!」の10月解散と、同名の冠番組「アイドリング!!!」(フジテレビ系)の9月放送終了について3日、同局の神原孝統括プロデューサーが「残念ながらドッキリではない」とフジテレビ公式サイトで認めた。

「AKB48」が火付け役となった現在のアイドルブーム。

 今では「ももクロ」「私立恵比寿中学」などの人気グループをはじめ、「でんぱ組.inc」といったオタク女子のグループもカリスマ的人気を誇るように。さらには新潟発の「Negicco」などご当地アイドルや「仮面女子」などの地下アイドルがテレビに進出するほどまでに「市場」は拡大している。

 しかし、猫も杓子もアイドルという乱立状態になれば、淘汰が始まるのが世の道理である。今回の「アイドリング!!!」でいえば、芸能界の土俵で生き残れるのは昨年11月にグループを“イチ抜け”していた菊地亜美(24)くらいのもの。他のメンバーのこれからが気になるが、厳しい世界だけに、解散をきっかけに別の道を歩む者も少なくないはずだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事