世間にも飽和の空気 「アイドリング!!!」解散の“衝撃と波紋”

公開日:  更新日:

 一部スポーツ紙で報じられた人気アイドルグループ「アイドリング!!!」の10月解散と、同名の冠番組「アイドリング!!!」(フジテレビ系)の9月放送終了について3日、同局の神原孝統括プロデューサーが「残念ながらドッキリではない」とフジテレビ公式サイトで認めた。

「AKB48」が火付け役となった現在のアイドルブーム。

 今では「ももクロ」「私立恵比寿中学」などの人気グループをはじめ、「でんぱ組.inc」といったオタク女子のグループもカリスマ的人気を誇るように。さらには新潟発の「Negicco」などご当地アイドルや「仮面女子」などの地下アイドルがテレビに進出するほどまでに「市場」は拡大している。

 しかし、猫も杓子もアイドルという乱立状態になれば、淘汰が始まるのが世の道理である。今回の「アイドリング!!!」でいえば、芸能界の土俵で生き残れるのは昨年11月にグループを“イチ抜け”していた菊地亜美(24)くらいのもの。他のメンバーのこれからが気になるが、厳しい世界だけに、解散をきっかけに別の道を歩む者も少なくないはずだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  10. 10

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

もっと見る