”病的キャラ”でブレーク 小杉まりもに訪れた何度目かの春

公開日:  更新日:

 年始恒例の「ぐるぐるナインティナイン」スペシャル版の「おもしろ荘」に出演し、「可愛すぎる女芸人」と話題をさらったのが小杉まりも(23)。芸風は、そのアイドル顔負けのルックスとは真逆。「友達を紹介します」と紙で作った人形を紹介するが、次々と友達失格となり人形を破壊していくなど、自閉的で奇妙奇天烈。病気っぽいキャラと美貌で、第2の鳥居みゆきとも呼ばれ、すでに熱烈な“追っかけ”ファンが多数いる。

 この12日に放送された同番組の春スペシャルにも出演し、心の中のキャラクター“ミミちゃん”と1人2役の漫才を演じるというネタを披露。スタジオゲストのバカリズムが思わず「過去に何かトラウマでも?」と質問していたほど。

 まだ23歳だが、活動歴は長く、本人いわく「芸歴は16年」。チャプリンに憧れ芸人を志し、吉本東京のNSC幼児コースに通う。高校生の時はすでにフリーの芸人活動をしていた。プロデビューは4年前で、当時の週刊誌に「お笑い冬の時代を変える美女芸人」として紹介されたり、芸能誌に「12年のバラエティー界に殴り込みをかける美女芸人」と紹介されたことも。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  2. 2

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  3. 3

    進退かかる稀勢の里…初場所で引退発表の“デッドライン”

  4. 4

    3700km横断!脳腫瘍の少年に愛犬届けたトラック野郎に喝采

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    月船さららさん 宝塚1年目の罰ゲームでドンペリを一気飲み

  7. 7

    進退問題への発展必至 JOC竹田会長の“後任”に浮上する面々

  8. 8

    熊のぬいぐるみから 娘のXマスプレゼントに母が涙したワケ

  9. 9

    一世風靡セピアで活躍の春海四方さんが名脇役になるまで

  10. 10

    脚が悪い犬を手術…獣医が「ネズミの着ぐるみ姿」なワケ

もっと見る