”病的キャラ”でブレーク 小杉まりもに訪れた何度目かの春

公開日: 更新日:

 しかしブレークできずに13年に「勉強し直したい」とワタナベコメディスクールに特待生として入学し、去年卒業。異例の再デビュー新人といっていいだろう。

 これまでの芸歴でも常に「可愛い」「美人」がついて回ってきた。しかし、恋愛経験は浅いようで、かつて明石家さんまの「恋のから騒ぎ」の最終オーディションまでいったにもかかわらず「恋愛経験が浅い」という理由で不合格になったこともある。

「本人も“人間初心者”と自称しているし、実際ネットではコミュ障なのではないかと噂もされていた。憧れの芸人は江頭2:50で『“あいつが来たぞ、帰れ”みたいに言われる芸人に憧れる』と言っていた変わり者。ルックスを生かして、お笑いだけではなくグラビアやCMモデルに使いたいと思わせる方向に転換できれば、本格ブレークできる」(テレビ局関係者)

 これまで何度も「美人」「可愛すぎる」と取り上げられてきたがブレークならず。今度こそか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芸能界ケンカ最強候補だった渡瀬恒彦は女に手を出すのも…

  2. 2

    手を出す? 俺にとって麗子はストライクゾーンに入らない

  3. 3

    松方弘樹は釣りと並んで女にも入れあげて力いっぱい生きた

  4. 4

    河井夫妻“選挙買収”捜査本腰へ急展開 落選議員が検察援護

  5. 5

    嵐・櫻井の婚前旅行の報道にファンの反応が冷ややかなワケ

  6. 6

    「恋つづ」佐藤健に挑む上白石萌音が宮崎美子に見えるワケ

  7. 7

    「麒麟がくる」大コケ予想で三谷幸喜にすがるNHKの哀れ

  8. 8

    為末大と大迫傑が噛みついた「箱根駅伝」解体の“Xデー”

  9. 9

    不倫報道のJr.を“一罰百戒” 滝沢秀明副社長いきなり正念場

  10. 10

    ディストピアを現実化 安倍政権の正体を忘れてはいけない

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る