フジ生歌番組MCに抜擢 森高千里に“再ブーム到来”の事情

公開日: 更新日:

 ノドから手が出るほど視聴率がほしいフジテレビが、4月から放送する新音楽番組「水曜歌謡祭」の司会に森高千里(45)を抜擢。アンジャッシュの渡部建とのタッグなので仕切り上手の渡部が引っ張ってくれるとしても、テレビ番組の司会は初めて。もともとトークが苦手なのに加えて「水曜歌謡祭」は生放送番組である。森高の起用は冒険とも思えるが、もちろん、フジには“勝算”があるという。

 森高は12年の活動再開以来、東京、大阪、名古屋などでライブを開催してきた。会場には40~50代の男性ファンがわんさか駆けつけ、変わらぬ美貌と美脚に熱いエールを送っている。昨年は、1万9800円もする25周年記念完全生産限定BOX「森高ランド・ツアー」を発売したところ、5000セット以上も売れた。森高のファン層が、バブル世代の40~50代という事情も大きいだろう。

「森高さんは当時のオトコたちの“夢”。歌手として一時はあれほど人気を博しながら結婚して家庭に入り、今も子供たちのお弁当作りを欠かさない“良いママ”。自分たちの妻と同世代にもかかわらず、森高はナチュラルで驚異的なビジュアルを保っている。存在自体が、“妻は、オンナはこうあってほしい”と願うオトコの象徴的な存在なんです」(芸能ライター)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    海外投資家の動きに異変…12月12日・15日は株価暴落に警戒

  2. 2

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  3. 3

    たけしは店に来て店員と居合わせた客全員にご祝儀を配った

  4. 4

    宮内庁長官に元警察官僚 “安倍官邸ポリス”跋扈の恐ろしさ

  5. 5

    不倫疑惑も神田沙也加は無傷 相手側のJr.秋山大河は茨の道

  6. 6

    織田信成がモラハラで提訴 “関大の女帝”のもうひとつの顔

  7. 7

    桜招待のジャパンライフ“残党” 別の悪徳商法で名簿流用か

  8. 8

    ザギトワ最下位で証明されたロシア女子の恐るべき“早熟”

  9. 9

    元SMAPの3人に吉報 年末年始特番で地上波完全復帰か

  10. 10

    「カタギになりたかった」路上で神戸山口組幹部射殺の真相

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る