元宝塚娘役の内田もも香さん 故郷富山で女優とカフェ両立中

公開日:  更新日:

 はいだしょうこ、檀れい、純名里沙、黒木瞳に共通するのは宝塚の娘役出身の女優であること。今回登場の内田もも香さん(30)もかれんな娘役がピッタリだった。退団後は時代劇やサスペンスを中心にテレビドラマで活躍。「水戸黄門」シリーズのかわいい町娘を覚えている読者も多いだろう。今どうしているのか――。

■祖父が経営する写真館にカフェ併設

「いらっしゃいませ。東京からですか? 北陸新幹線が開業して、随分早くなったでしょ」

 北陸新幹線・黒部宇奈月温泉駅からクルマで15分。富山湾に面した朝日町の「Studio&Gallery Cafe ふかみ」を訪ねると、パッチリ瞳の内田さんが迎えてくれた。
 確かに早かった。開業前に比べ、40分前後は短縮されただろう。

「ここは祖父が経営してる写真館で、12年12月にカフェを併設しました。だから、2階がスタジオになっていて、成人式、七五三、結婚写真などを撮ってます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

もっと見る