• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「猿に失礼…」“シャーロット問題”著名人から飛んだ厳しい声

 大分市の高崎山自然動物園が、メスの子ザルを英国王女にちなみ「シャーロット」と名付けて批判を受けた問題。8日、園を管理する市が会見を行い名前を変更しない方針を明らかにしたが、各界の著名人からも、さまざまな意見が相次いだ。

 “尾木ママ”こと教育評論家の尾木直樹氏(68)は、8日朝のブログで「想像力の欠如」と表現。英国大使館に問い合わせた動物園側の対応について、<本人サイドにお伺いたてる大人がどこの世界にいるでしょうか?><動物園はもっとしっかりしましょう>と厳しい言葉で批判した。

 一方、脳科学者の茂木健一郎氏(52)は自身のツイッターで、<結論から言えば、「殺到」した「批判」は無視してよい>とキッパリ。「シャーロット」という名前について、<もともと一般的に使われている名前である>と前置きをした上で、<英国王室の王女を連想させる名前をつけるのが「失礼だ」と批判する人たちの価値観が、そもそも「猿」に対して失礼>と、子ザルの命名に対して過敏に反応する動きに疑問を投げかけた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    石破氏に総裁選勝算あり 地方票を4割取れば安倍首相マッ青

  2. 2

    金足農・吉田輝星を蝕む「登板過多」評論家も将来を危惧

  3. 3

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  4. 4

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  5. 5

    生き残るのは? 主演の前田敦子と脇役で力つける大島優子

  6. 6

    幼児教育無償化のウラに…安倍政権の意地悪な“分断政策”が

  7. 7

    前田敦子とスピード婚も…周囲が懸念する勝地涼の女グセ

  8. 8

    スーパーボランティア尾畠氏 東京五輪で“政治利用”の懸念

  9. 9

    鈴木保奈美は月9復帰 フジテレビ秋改編で泣く人笑う人

  10. 10

    “ハイサイ、グスヨー、チューウカナビラ”は沖縄の強い意志

もっと見る