• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「空気読めよ」の大逆風…熊切あさ美に“キャラ変更”のススメ

 騒動当初は「汚れたプリンス」など片岡愛之助(43)を非難する声もあったが、日が経つに連れて「別れてるでしょ、どう考えたって」(有吉弘行)、「空気読めよって話」(坂上忍)、「なんでカメラの前で泣いてるの」(テリー伊藤)など熊切あさ美(34)への逆風が増すばかり。

 今の熊切はまさにかつてのキャッチフレーズ通り「崖っぷち」だが、そんな彼女に本紙がアドバイス。いっそのこと「すがりつきタレント」にキャラを変更しちゃったら、どうなのか。あるテレビマンもハタと膝を叩いてこう言った。

「川崎麻世・カイヤ夫婦の逆パターンってわけですね。面白いかも知れません。かつては小柳ルミ子も当時の旦那・大澄賢也と“別れたくない。別れるんなら1億円”とやって露出を増やしたことがありました。ちょうど川崎夫妻の“ケンカ芸”もそろそろ視聴者に飽きられてきている。バラエティーの新しいキャラとしてはありかも知れませんね」

 どっちみち別れるのはもう時間の問題だし、もともと「崖っぷち」で売ってきた人。すでに失うものは何もないだろう。だったら、恋愛よりも自分の“本業”を真剣に考えた方が得策に違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  2. 2

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  3. 3

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」好視聴率で健闘のワケ

  4. 4

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  5. 5

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  6. 6

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  7. 7

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  8. 8

    広島・菊池、ソフトバンク柳田も…地方の大学生を見逃すな

  9. 9

    歌手・女優の坂本スミ子さん パルムドール表彰式の思い出

  10. 10

    テレ東「ラストチャンス」原作者 江上剛氏が見どころ語る

もっと見る