• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「空気読めよ」の大逆風…熊切あさ美に“キャラ変更”のススメ

 騒動当初は「汚れたプリンス」など片岡愛之助(43)を非難する声もあったが、日が経つに連れて「別れてるでしょ、どう考えたって」(有吉弘行)、「空気読めよって話」(坂上忍)、「なんでカメラの前で泣いてるの」(テリー伊藤)など熊切あさ美(34)への逆風が増すばかり。

 今の熊切はまさにかつてのキャッチフレーズ通り「崖っぷち」だが、そんな彼女に本紙がアドバイス。いっそのこと「すがりつきタレント」にキャラを変更しちゃったら、どうなのか。あるテレビマンもハタと膝を叩いてこう言った。

「川崎麻世・カイヤ夫婦の逆パターンってわけですね。面白いかも知れません。かつては小柳ルミ子も当時の旦那・大澄賢也と“別れたくない。別れるんなら1億円”とやって露出を増やしたことがありました。ちょうど川崎夫妻の“ケンカ芸”もそろそろ視聴者に飽きられてきている。バラエティーの新しいキャラとしてはありかも知れませんね」

 どっちみち別れるのはもう時間の問題だし、もともと「崖っぷち」で売ってきた人。すでに失うものは何もないだろう。だったら、恋愛よりも自分の“本業”を真剣に考えた方が得策に違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  6. 6

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  7. 7

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  8. 8

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  9. 9

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る