「空気読めよ」の大逆風…熊切あさ美に“キャラ変更”のススメ

公開日: 更新日:

 騒動当初は「汚れたプリンス」など片岡愛之助(43)を非難する声もあったが、日が経つに連れて「別れてるでしょ、どう考えたって」(有吉弘行)、「空気読めよって話」(坂上忍)、「なんでカメラの前で泣いてるの」(テリー伊藤)など熊切あさ美(34)への逆風が増すばかり。

 今の熊切はまさにかつてのキャッチフレーズ通り「崖っぷち」だが、そんな彼女に本紙がアドバイス。いっそのこと「すがりつきタレント」にキャラを変更しちゃったら、どうなのか。あるテレビマンもハタと膝を叩いてこう言った。

「川崎麻世・カイヤ夫婦の逆パターンってわけですね。面白いかも知れません。かつては小柳ルミ子も当時の旦那・大澄賢也と“別れたくない。別れるんなら1億円”とやって露出を増やしたことがありました。ちょうど川崎夫妻の“ケンカ芸”もそろそろ視聴者に飽きられてきている。バラエティーの新しいキャラとしてはありかも知れませんね」

 どっちみち別れるのはもう時間の問題だし、もともと「崖っぷち」で売ってきた人。すでに失うものは何もないだろう。だったら、恋愛よりも自分の“本業”を真剣に考えた方が得策に違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  2. 2

    ジャニー喜多川氏のタイプはタッキー、東山、中居に分類

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  5. 5

    二階堂ふみ“争奪戦”勃発…紅白での異能ぶりで評価爆上がり

  6. 6

    吉村府知事また出たドヤ顔“妄言”「陽性者と感染者は違う」

  7. 7

    トランプ「有罪」へ秒読み開始 共和党議員から20人造反か

  8. 8

    再エネで「嘘」を…英国政府を“激怒”させた経産省の大失態

  9. 9

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  10. 10

    嵐・二宮「パパに!」報道が意外とファンに祝福されるワケ

もっと見る