書店を“席巻”…安室奈美恵が女性誌「表紙ジャック」のなぜ?

公開日:  更新日:

 近所の本屋さんに行って驚いたファンも多いのでは? 女性誌・ファッション誌の棚を見ると、右も左もアムロ、アムロ、アムロ……。確かに今でも安室奈美恵(37)の女性人気は高いだろうが、日本中の若い娘が「アムラー」だった頃に比べれば、やや減速気味なのは否めない。にもかかわらず、この現象はいったい何なのか?

「6月10日、最新のアルバム『_genic』が発売されたので、そのプロモーションの意味が大きいでしょう。このアルバムは、オリジナルとしては一昨年7月に『FEEL』を発売して以来、約2年ぶりのもの。さらに、9月からさいたまスーパーアリーナを皮切りに来年2月まで全国44カ所で公演を行うことも発表しています。その景気づけの意味もあるのでしょう」(音楽関係者)

「いや、それより何より」と言うのはさる事情通。続けて「昨年から続いていた独立問題に決着がついたのが最大の理由でしょう。育ての親ともいえる『ライジングプロ』社長との対立が表面化したのが昨年8月。以来、『ライジングプロ』と所属レコード会社『エイベックス』の間で調整が続けられましたが、この9日、ようやく安室の個人事務所が正式にスタートしたのです。この間に受けたマイナスイメージを払拭する意味でも、女性誌の表紙を飾って“新生・安室”をアピールしたかったのだと思います」と言う。

 2年ぶりのアルバムとなれば、ファンの飢餓感は相当なもの。安室は“わがまま”を許してくれた「育ての親」の恩情に報いることができるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  5. 5

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る