書店を“席巻”…安室奈美恵が女性誌「表紙ジャック」のなぜ?

公開日: 更新日:

 近所の本屋さんに行って驚いたファンも多いのでは? 女性誌・ファッション誌の棚を見ると、右も左もアムロ、アムロ、アムロ……。確かに今でも安室奈美恵(37)の女性人気は高いだろうが、日本中の若い娘が「アムラー」だった頃に比べれば、やや減速気味なのは否めない。にもかかわらず、この現象はいったい何なのか?

「6月10日、最新のアルバム『_genic』が発売されたので、そのプロモーションの意味が大きいでしょう。このアルバムは、オリジナルとしては一昨年7月に『FEEL』を発売して以来、約2年ぶりのもの。さらに、9月からさいたまスーパーアリーナを皮切りに来年2月まで全国44カ所で公演を行うことも発表しています。その景気づけの意味もあるのでしょう」(音楽関係者)

「いや、それより何より」と言うのはさる事情通。続けて「昨年から続いていた独立問題に決着がついたのが最大の理由でしょう。育ての親ともいえる『ライジングプロ』社長との対立が表面化したのが昨年8月。以来、『ライジングプロ』と所属レコード会社『エイベックス』の間で調整が続けられましたが、この9日、ようやく安室の個人事務所が正式にスタートしたのです。この間に受けたマイナスイメージを払拭する意味でも、女性誌の表紙を飾って“新生・安室”をアピールしたかったのだと思います」と言う。

 2年ぶりのアルバムとなれば、ファンの飢餓感は相当なもの。安室は“わがまま”を許してくれた「育ての親」の恩情に報いることができるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカ逮捕に長谷川博己の胸中は…事務所担当者が語る

  2. 2

    ウッズ歴代最多Vの偉業を日本で 賞金以外にいくら稼いだか

  3. 3

    沢尻エリカの再生に尽力も水泡…“実姉”蜷川実花監督の慟哭

  4. 4

    プロ意識欠如し誘惑に負け…沢尻エリカと剛力彩芽の共通項

  5. 5

    スキャンダルで目くらましする官邸の手法は見抜かれている

  6. 6

    長期の理由は国民洗脳 安倍政権の“桂太郎超え”2887日<上>

  7. 7

    「死ね」暴言の笠りつ子に厳重注意のみ…遅すぎた大甘処分

  8. 8

    自民改選議員を“常習”招待「桜を見る会」で48人違法当選か

  9. 9

    芦田愛菜は大絶賛も…“着物姿”を比べられた神田うのの悲哀

  10. 10

    鈴木愛は3週連続Vでも 残り2戦は賞金女王へ“高いハードル”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る