グラドル青井鈴音 パチンコで15万円負け日払いキャバクラも

公開日: 更新日:

 グラドルをやりながらギャンブルにのめり込んでいるという、自称クズドルの青井鈴音さん(24)。大学時代も貧乏なのにパチンコにつぎ込む日々だった。

■クズドル卒業してパチドルになりたい!

 大学に受かって、埼玉から出て都内に住み始めたけど、母子家庭であまり裕福ではなかったので、学費は分割で親に返済してました。それと、友達とシェアしてた部屋の家賃を払うと、ほとんど残りませんでしたね。

 グラビアの仕事はたまにDVDの撮影があるくらいで少なかったから、1年の時から池袋のキャバクラでバイト。それでも、収入はグラビアのギャラと合わせて20万円とかでした。

 パチンコを始めたのは20歳くらいかな。大好きな「北斗の拳」のキャラにハマったのがきっかけです。最初はそれほどでもなかったけど、勝てるようになってからガッツリと(笑い)。雑誌を見たり研究を始めたりしていくうちに、スロットに切り替えました。ホールは、主に近所や池袋近辺。新台の日は朝から並んだけど、若い女の子って私だけ。月曜の朝にパチンコ屋に並ぶって、普通に考えて女の子いないですよね(笑い)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

  2. 2

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  3. 3

    犯罪を隠蔽し国会で大嘘 安倍前首相と共犯政権の今後<上>

  4. 4

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  5. 5

    コロナ禍の紅白歌合戦 綾瀬はるかと嵐が司会を外れた謎

  6. 6

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  7. 7

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  8. 8

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  9. 9

    黒木瞳の監督映画が大コケの様相…不運続きに同情的な声も

  10. 10

    またもキャディー交代…もがく渋野日向子の“浮気性”は吉か

もっと見る