日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

山本の飛び入り謝罪に周到計算 「極楽とんぼ」再共演の舞台裏

 06年7月に淫行騒動で事務所をクビになり、今年1月に復活のライブを行った極楽とんぼの山本圭壱(47)が5日、相方・加藤浩次(46)が都内で行ったコントライブのステージに登場。加藤と実に9年ぶりの共演を果たした。

「加藤とごく近い関係者のみ、山本の来場を知らされていたようだ。山本は開演後、舞台が暗転した瞬間に席に座ったようで、会場の観客に気づかれることなく、相方のコントを見守っていたようだ」(テレビ関係者)

 そして、終演後、出演者でお笑いコンビ・おぎやはぎの矢作兼が「相方(山本)が見に来ている」と明かし、客席にいた山本をステージ上に呼び、踊りながら登壇した山本に、加藤は「おまえサビてないな~」と爆笑。

 すかさず加藤は、「まずは謝れ」と促し、山本は「関係者やファンの皆さんに謝っていませんでした。ご迷惑をお掛けいたしました」と頭を下げたというが、そこには周到な計算があったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事