上重アナいじり大笑い 加藤浩次「スッキリ!!」安泰いつまで

公開日: 更新日:

「上重君も、ちゃんと電車で帰ろうね」「今イメージ上げようと必死だな」

 会社スポンサーからの1億7000万円利益供与疑惑の渦中にある日テレ上重聡アナ(34)をコケにしては、大笑い。同局朝の情報番組「スッキリ!!」の司会、加藤浩次(45)の言動が話題だ。今月2日に疑惑が浮上した翌日の番組冒頭、上重が陳謝したときから続いている。ネットでは「笑いごとにするな」「愛のむち」と賛否両論、喧々囂々だが……。

「上重アナは、いずれ降板でしょうが、実は加藤も安泰ではなかったんです」と、内部事情に詳しい関係者が打ち明ける。

「レギュラーコメンテーターのコラムニスト勝谷誠彦氏、テリー伊藤の両人が番組を3月で降板しましたが、実は加藤も降板の方向だった。日テレは勝谷氏、テリーの降板理由を公には4月期の番組改編によるとしていますが、大きな理由は制作費のコストカット。真っ先に手を付けたのが、出演料の高い外部のコメンテーターで、『高すぎる』との声はMCの加藤にもあった。ところが、上重アナのスキャンダルが噴出し、加藤降板となると、レギュラー男性4人が総倒れということになる。さすがにそれはまずいと上層部が判断し、加藤の降板は立ち消えになっています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ハイエナたちにしゃぶられた…“今太閤”羽柴秀吉さんの悲劇

  2. 2

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  3. 3

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  4. 4

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  5. 5

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  6. 6

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

  7. 7

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

  8. 8

    北京「故宮」で贋作陶器を販売?日本人観光客が次々被害に

  9. 9

    堀潤氏「分断」テーマに映画 重要なのは“小さな主語”目線

  10. 10

    「ビリーズブートキャンプ」が大ヒット ビリー隊長の今は

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る