• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

夜な夜な若い女を…たけし“変質者役”で狙うはアカデミー賞?

 ビートたけし(68)の主演映画「女が眠る時」の製作発表記者会見が11日、都内で行われた。たけしにとって監督作以外で主演するのは、04年公開の映画「血と骨」以来。会見には共演の西島秀俊(44)らが顔をそろえた。

 メガホンをとったのは、たけし自らファンだと明かした香港出身のウェイン・ワン監督(66)。同監督にとってオールキャスト日本人で日本を舞台にした初の日本映画になる。

 たけしは事務所の社長に「ちょっと出て」と言われて、軽い気持ちで快諾。ところが現場に入ったら、「西島君が主演のはずが、自分が主演で、しかも役が情けない変質者役だったことに驚いた」という。たけしの役は、夜な夜な若い女(忽那汐里)の寝姿をビデオカメラで撮影する初老の男。行為を覗き見した西島がストーカー行為にハマっていくという物語だ。

 自身で監督する映画では一発本番OKで撮り進めていくたけしと違い、ワン監督は「OK、最高」と言いながら撮り直しを重ねるため、たけしは「監督のほめ言葉を信用できなくなった」と苦笑い。そのうえワン監督は「台本を変えるのが好き」と公言していて、現場で臨機応変に変更していくため、緊張の連続だったようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  2. 2

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  3. 3

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  4. 4

    支持率下落が続く安倍政権 今度は対北外交でも国民にウソ

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    前川清さん語る運の尽き 演歌界の“酒豪四天王”に誘われて

  7. 7

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  8. 8

    5歳児虐待死も 連れ子のいる女性が再婚相手の子を望む心理

  9. 9

    東西約300人が在籍 ジャニーズJrは“大人以上に遊んでいる”

  10. 10

    目黒5歳女児も 学歴コンプレックスの親がハマる“教育虐待”

もっと見る