夜な夜な若い女を…たけし“変質者役”で狙うはアカデミー賞?

公開日: 更新日:

 ビートたけし(68)の主演映画「女が眠る時」の製作発表記者会見が11日、都内で行われた。たけしにとって監督作以外で主演するのは、04年公開の映画「血と骨」以来。会見には共演の西島秀俊(44)らが顔をそろえた。

 メガホンをとったのは、たけし自らファンだと明かした香港出身のウェイン・ワン監督(66)。同監督にとってオールキャスト日本人で日本を舞台にした初の日本映画になる。

 たけしは事務所の社長に「ちょっと出て」と言われて、軽い気持ちで快諾。ところが現場に入ったら、「西島君が主演のはずが、自分が主演で、しかも役が情けない変質者役だったことに驚いた」という。たけしの役は、夜な夜な若い女(忽那汐里)の寝姿をビデオカメラで撮影する初老の男。行為を覗き見した西島がストーカー行為にハマっていくという物語だ。

 自身で監督する映画では一発本番OKで撮り進めていくたけしと違い、ワン監督は「OK、最高」と言いながら撮り直しを重ねるため、たけしは「監督のほめ言葉を信用できなくなった」と苦笑い。そのうえワン監督は「台本を変えるのが好き」と公言していて、現場で臨機応変に変更していくため、緊張の連続だったようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  2. 2

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  3. 3

    劣化が止まらない日本 安倍政権6年半の「なれの果て」

  4. 4

    夜の六本木から小栗旬グループが消えた…“なるほど”な理由は

  5. 5

    TOKIO城島の結婚を阻む ジャニーズの「リーダー暗黙の掟」

  6. 6

    ミスコン女王にも冷ややかな目…土屋炎伽を待つ不穏な未来

  7. 7

    専門家が指摘「再び東京湾台風が上陸する」地震のリスクも

  8. 8

    囁かれる山Pの二の舞…脱退&退所の錦戸亮に明日はあるか

  9. 9

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  10. 10

    令和の大女優候補 清野菜名の超ストイックな女子会ライフ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る