夜な夜な若い女を…たけし“変質者役”で狙うはアカデミー賞?

公開日:  更新日:

 ビートたけし(68)の主演映画「女が眠る時」の製作発表記者会見が11日、都内で行われた。たけしにとって監督作以外で主演するのは、04年公開の映画「血と骨」以来。会見には共演の西島秀俊(44)らが顔をそろえた。

 メガホンをとったのは、たけし自らファンだと明かした香港出身のウェイン・ワン監督(66)。同監督にとってオールキャスト日本人で日本を舞台にした初の日本映画になる。

 たけしは事務所の社長に「ちょっと出て」と言われて、軽い気持ちで快諾。ところが現場に入ったら、「西島君が主演のはずが、自分が主演で、しかも役が情けない変質者役だったことに驚いた」という。たけしの役は、夜な夜な若い女(忽那汐里)の寝姿をビデオカメラで撮影する初老の男。行為を覗き見した西島がストーカー行為にハマっていくという物語だ。

 自身で監督する映画では一発本番OKで撮り進めていくたけしと違い、ワン監督は「OK、最高」と言いながら撮り直しを重ねるため、たけしは「監督のほめ言葉を信用できなくなった」と苦笑い。そのうえワン監督は「台本を変えるのが好き」と公言していて、現場で臨機応変に変更していくため、緊張の連続だったようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  4. 4

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  5. 5

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  6. 6

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  7. 7

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    雄星メジャー“最後の壁” 球団ドクター難癖で買い叩き懸念

もっと見る