• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「酔いが回ると…」西岡徳馬が酒を飲みながら台本を読む理由

 時代劇から恋愛ドラマ、刑事ドラマまで多様なジャンルで幅広い役を演じ、俳優養成塾も主宰している西岡徳馬さん(68)。新人時代から酒豪で知られるが、仕事でも欠かせないのが酒。そのワケとは……。

■飲んべえの父親からDNAを受け継いだ

 お酒が減らない――これは自宅の七不思議のトップだね。

 毎日、晩酌は欠かさないし、類は友を呼ぶってヤツで酒好きの友人が遊びに来ることも多い。それなのに、飲んでも飲んでも、いつの間にか元に戻ってる。時には逆に増えてるくらい。手土産とか送ってくれたりするからね。

 種類はさまざま。日本酒、焼酎、洋酒、老酒、ワイン、もちろん毎日欠かさないビールもね。時には酒問屋でも入手困難な珍しいお酒や、内外問わず旅先で見つけたという地元のお酒も来るから、ホント、飲んべえの僕にはありがたいよ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  2. 2

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  3. 3

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  4. 4

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  5. 5

    熊本では逮捕されたが…大阪北部地震でも現れた「愉快犯」

  6. 6

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  7. 7

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  8. 8

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  9. 9

    加計理事長が突然の会見 W杯と地震に合わせ“逃げ切り作戦”

  10. 10

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

もっと見る