• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「酔いが回ると…」西岡徳馬が酒を飲みながら台本を読む理由

 時代劇から恋愛ドラマ、刑事ドラマまで多様なジャンルで幅広い役を演じ、俳優養成塾も主宰している西岡徳馬さん(68)。新人時代から酒豪で知られるが、仕事でも欠かせないのが酒。そのワケとは……。

■飲んべえの父親からDNAを受け継いだ

 お酒が減らない――これは自宅の七不思議のトップだね。

 毎日、晩酌は欠かさないし、類は友を呼ぶってヤツで酒好きの友人が遊びに来ることも多い。それなのに、飲んでも飲んでも、いつの間にか元に戻ってる。時には逆に増えてるくらい。手土産とか送ってくれたりするからね。

 種類はさまざま。日本酒、焼酎、洋酒、老酒、ワイン、もちろん毎日欠かさないビールもね。時には酒問屋でも入手困難な珍しいお酒や、内外問わず旅先で見つけたという地元のお酒も来るから、ホント、飲んべえの僕にはありがたいよ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  6. 6

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  7. 7

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  8. 8

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  9. 9

    スピード婚と長すぎる春 結婚生活が長持ちするのはどっち

  10. 10

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

もっと見る