松嶋菜々子 「レッドクロス」で魅せた“迫真演技”に作家が絶賛

公開日:  更新日:

 麻生氏の総評も「単純にエピソードを羅列するのではなく、戦争によって離れ離れになった母と子を描くという一本の筋を立て、丁寧に要素を積み上げていた。カメラワークも中国の壮大な情景や川辺での機銃掃射のシーンなど俯瞰のアングルを効果的に用いて、見る者の心に響かせていました」となかなか。

 そして、計4時間半に及ぶ劇中では「半沢――」で堺雅人(41)や香川照之(49)で話題になった“顔芸”の松嶋バージョンを多用。重要なシーンごとに松嶋の顔が画面いっぱいに映し出され、喜びやむごさを視聴者に訴えかけたのだった。

「役者が表情だけであらゆる感情を演じ分けるのはわざとらしさが目に付いたり、ワンパターンになりがちですが、松嶋さんは違った。ご自身の体の中にお年を召したぶんの塵芥を染み込ませ、若い頃より演技の膨らみが増したように見受けられました。また20年間を演じるにあたって、みるみるうちに顔がすさんでいく様子も素晴らしかった。いつまでも若くありたい願望が鼻先にぶら下がっているような山口智子さんとは全く異なる女優です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  2. 2

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る