松嶋菜々子 「レッドクロス」で魅せた“迫真演技”に作家が絶賛

公開日: 更新日:

 麻生氏の総評も「単純にエピソードを羅列するのではなく、戦争によって離れ離れになった母と子を描くという一本の筋を立て、丁寧に要素を積み上げていた。カメラワークも中国の壮大な情景や川辺での機銃掃射のシーンなど俯瞰のアングルを効果的に用いて、見る者の心に響かせていました」となかなか。

 そして、計4時間半に及ぶ劇中では「半沢――」で堺雅人(41)や香川照之(49)で話題になった“顔芸”の松嶋バージョンを多用。重要なシーンごとに松嶋の顔が画面いっぱいに映し出され、喜びやむごさを視聴者に訴えかけたのだった。

「役者が表情だけであらゆる感情を演じ分けるのはわざとらしさが目に付いたり、ワンパターンになりがちですが、松嶋さんは違った。ご自身の体の中にお年を召したぶんの塵芥を染み込ませ、若い頃より演技の膨らみが増したように見受けられました。また20年間を演じるにあたって、みるみるうちに顔がすさんでいく様子も素晴らしかった。いつまでも若くありたい願望が鼻先にぶら下がっているような山口智子さんとは全く異なる女優です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  3. 3

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  4. 4

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  5. 5

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  6. 6

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  7. 7

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  8. 8

    中居正広がジャニーズ退所…SMAP再結成「99%消えた!」

  9. 9

    ビートたけし略奪婚の結末 兄&姉は妻A子さん溺愛の不自然

  10. 10

    幹線道路沿い“売土地”が…地方はいつまでも成約しない現実

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る