• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

松嶋菜々子 「レッドクロス」で魅せた“迫真演技”に作家が絶賛

 今月1日と2日の2夜連続で放送されたTBS60周年特別企画ドラマ「レッドクロス~女たちの赤紙~」。放送前に行われた制作発表会見で共演者やスタッフが口々に称賛していたのは、松嶋菜々子(41)の鬼気迫る演技であった。

 ま、関係者が主演を褒めそやすのはお約束だが、辛口の放送批評で知られる作家の麻生千晶氏(以下同)も、「松嶋さんの存在あってこそ成立した質の高いドラマ」と評価する。

 第2次世界大戦中、赤十字の従軍看護婦として満州に赴いた女性の物語。脚本は史実をもとにしたオリジナルで、「砂の器」(04年)や「華麗なる一族」(07年)を手がけた敏腕プロデューサーの瀬戸口克陽が企画立案から3年もの月日をかけ、演出は「半沢直樹」(13年)を生んだヒットメーカーの福澤克雄が手がけた。つまり、TBSが総力を挙げて取り組んだ作品というわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  4. 4

    「江戸むらさき」磯山良司さんが実家ラーメン店で働くワケ

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  7. 7

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  8. 8

    「ボラ申し込まなければいい」発言 IOCコーツの正体とカネ

  9. 9

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  10. 10

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

もっと見る