日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

脚本が粗く残念なドラマ 西内まりや「ホテルコンシェルジュ」

 春の改編に比べて話題にならない7月クールの新ドラマだが、注目したいのは「ホテルコンシェルジュ」(TBS系)の西内まりやだ。

 当コラムで「かぶき者慶次」(NHK)を“大河よりおもしろい”と評した際、脇役の西内まりやの可能性とかわいさに注目した。それにしても4月クールから立て続けの連ドラ出演で、主役に抜擢されるとは! TBSは偉い。

 しかし、肝心のドラマは脚本が粗くてひどい。コンセプトは“NOと言わないコンシェルジュ”。高級ホテルに赴任した塔子(西内)が客の要望に応えるべく右往左往する内容だ。簡単に言うと、西内がインカムで「何とかなりませんか!」と怒鳴りながらホテル内を走り回るシーンがやたら多いドラマだ。

 しかも、西内に持ちかけられるトラブルが、初回を見る限り面白みに欠けた。パーティーの当日なのに、主催者のVIPが飾りの花を全部替えろだの、事前に試食させろだの、理由があるとはいえ金持ち客の単なるわがままばかりで、興味をそそるようなものではなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事