「平成の美輪明宏」で自らハードル上げた GENKINGの“誤算”

公開日: 更新日:

 インスタグラムで人気に火が付いた、マルチクリエーターでタレントのGENKING(年齢非公表)。キムタク似のルックスで、“謎の美男子”としてテレビ番組やイベントにひっぱりだこの人気ぶりだが、飽和状態のオネエ系タレント界で生き残ることができるのか。

 GENKINGは10日、都内で行われた映画「彼は秘密の女ともだち」の公開記念イベントに出席。細身の身体にトレンチコートをまとい、トレードマークの金髪を揺らしながら会場に現れた。

 本作は、どこにでもいる普通の主婦が、亡くなった親友の夫から「女性の服を着たい」と打ち明けられ、徐々に男女を超えた特別な友情を育んでいくストーリー。この映画に深く共感したというGENKINGは、「恋愛や友達に性は関係ない、人としてどうかが大事」と感想を述べた。

 日ごろから「性別を超越した存在になりたい」「平成の美輪明宏さんを目指す」と公言しているGENKING。オネエ系の中でも抜群のルックスを誇るが、「平成の美輪明宏」となるとどうか。会見では、美輪の代表作である舞台「黒蜥蜴(くろとかげ)」について、司会者から「衝撃的でしたね~」とせっかく話を振られても、あまり関心を示さずスルー。アドリブ力の欠如を露呈してしまった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  2. 2

    前嶋和弘氏 トランプ岩盤支持…差別問題のダメージ少ない

  3. 3

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  4. 4

    韓国俳優と熱愛報道 綾瀬はるかが亡父に誓った結婚の執念

  5. 5

    老舗経済誌が安倍首相批判を特集した理由 編集長に聞いた

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    小規模地震多発は不気味な予兆…「大地震の相場」の復習を

  8. 7

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

  9. 8

    なぜ嫌中・嫌韓の人たちは他国を貶めることに注力するのか

  10. 9

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  11. 10

    元サッカー日本代表・大野俊三さん 第2の人生は波乱万丈

もっと見る