「平成の美輪明宏」で自らハードル上げた GENKINGの“誤算”

公開日:  更新日:

 インスタグラムで人気に火が付いた、マルチクリエーターでタレントのGENKING(年齢非公表)。キムタク似のルックスで、“謎の美男子”としてテレビ番組やイベントにひっぱりだこの人気ぶりだが、飽和状態のオネエ系タレント界で生き残ることができるのか。

 GENKINGは10日、都内で行われた映画「彼は秘密の女ともだち」の公開記念イベントに出席。細身の身体にトレンチコートをまとい、トレードマークの金髪を揺らしながら会場に現れた。

 本作は、どこにでもいる普通の主婦が、亡くなった親友の夫から「女性の服を着たい」と打ち明けられ、徐々に男女を超えた特別な友情を育んでいくストーリー。この映画に深く共感したというGENKINGは、「恋愛や友達に性は関係ない、人としてどうかが大事」と感想を述べた。

 日ごろから「性別を超越した存在になりたい」「平成の美輪明宏さんを目指す」と公言しているGENKING。オネエ系の中でも抜群のルックスを誇るが、「平成の美輪明宏」となるとどうか。会見では、美輪の代表作である舞台「黒蜥蜴(くろとかげ)」について、司会者から「衝撃的でしたね~」とせっかく話を振られても、あまり関心を示さずスルー。アドリブ力の欠如を露呈してしまった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る