豪邸と年収3億円叶えた IKKOの“自己プロデュース力”

公開日: 更新日:

 6月末放送の「とんねるずのみなさんのおかげでした」で軽井沢の豪華な別荘を、訪れたお笑い芸人にめちゃくちゃにされてしまったIKKO。敷地600坪で24時間温泉かけ流しの浴室付き、50畳のリビングには所狭しとアンティークの家具が並び高価なペルシャじゅうたんが敷かれている。「いくらIKKOさんが金持ちでも、とんねるずたちはやりすぎだった」とネットでは同情されていた。

 IKKOは青山の自宅も床面積300平方メートルの7LDK、家賃300万円という超高級マンションで、花屋から豪華な花を取り寄せて飾り、どこもかしこもピカピカに磨かれ、整理整頓されている。さすが美のカリスマと、自宅公開のたびにネットには羨望と称賛の言葉が並ぶ。と同時に、「美容家という仕事はそんなに儲かるのだろうか」という疑問もつぶやかれる。何しろ、豪華な住まい以外に、衣装代で月1000万円、美容代で数百万円は使っているというのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    元宝塚男役トップ明日海りおは“ポスト天海祐希”の大本命

  3. 3

    渋沢栄一の不思議 なぜ“名を冠した企業”が1社しかないのか

  4. 4

    多部未華子の夢は「子育てに没頭」 ファンが案じる女優引退

  5. 5

    浮上する緊急宣言「3.21全国拡大」変異株感染が各地で続々

  6. 6

    北川景子もハマっている「盛り塩」なぜ広まった?注意点も

  7. 7

    小池知事“菅攻撃”画策不発でブチ切れ!宣言延長も政争の具

  8. 8

    渋野はコーチと決別し遼ら助言…丸腰参戦に「最悪」の指摘

  9. 9

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

  10. 10

    白鵬「年1横綱」化は待ったなし それでも引退できないワケ

もっと見る