豪邸と年収3億円叶えた IKKOの“自己プロデュース力”

公開日:  更新日:

 6月末放送の「とんねるずのみなさんのおかげでした」で軽井沢の豪華な別荘を、訪れたお笑い芸人にめちゃくちゃにされてしまったIKKO。敷地600坪で24時間温泉かけ流しの浴室付き、50畳のリビングには所狭しとアンティークの家具が並び高価なペルシャじゅうたんが敷かれている。「いくらIKKOさんが金持ちでも、とんねるずたちはやりすぎだった」とネットでは同情されていた。

 IKKOは青山の自宅も床面積300平方メートルの7LDK、家賃300万円という超高級マンションで、花屋から豪華な花を取り寄せて飾り、どこもかしこもピカピカに磨かれ、整理整頓されている。さすが美のカリスマと、自宅公開のたびにネットには羨望と称賛の言葉が並ぶ。と同時に、「美容家という仕事はそんなに儲かるのだろうか」という疑問もつぶやかれる。何しろ、豪華な住まい以外に、衣装代で月1000万円、美容代で数百万円は使っているというのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  4. 4

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  5. 5

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る