• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

七光りで終わらない ミッツ・マングローブの守備範囲の広さ

 女装家、タレントとして活躍中のミッツ・マングローブが、不惑を迎えて活躍の場を広げている。知的な辛口コメンテーターとしての活躍以外にも、“俳優”として、ドラマ「ドS刑事」(日本テレビ系)で女装姿ならぬ白衣の解剖医役で存在感を示した。さらに、40歳になった4月には初の自叙伝「うらやましい人生」を刊行している。

 最近も、レギュラーコメンテーターを務める「5時に夢中!」(MXテレビ)で「天然キャラを演じる“不思議ちゃん”は、踏んづけてやりたくなる」と辛口批判、「サンデー・ジャポン」(TBS系)では自民党若手議員の勉強会での報道圧力問題にも鋭く切り込んだ。また、雑誌のインタビューでは「性的マイノリティーは日本外交の武器になる」などと社会的な見解も語る。

「父親が英国伊勢丹の社長で、伯父がアナウンサーの徳光和夫ということもあり、マスコミに登場するようになったばかりの頃は“七光”と思われていたが、あっという間に面白さを認められてしまった。慶応大学法学部を卒業した後に英国ウェストミンスター大学に留学したという、マツコも認めるオネエ界随一の高学歴はダテじゃなかったことを証明しました」(芸能ライター)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    菅長官が“枚方市”を誤読し大炎上…被災自治体「抗議した」

  3. 3

    9歳女児が下敷きに “違法建築ブロック塀”誰が有罪になる?

  4. 4

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  5. 5

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  6. 6

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  7. 7

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  8. 8

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  9. 9

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

  10. 10

    父の遺体をBMWに乗せて埋葬…ナイジェリア男性に非難殺到

もっと見る