七光りで終わらない ミッツ・マングローブの守備範囲の広さ

公開日: 更新日:

 女装家、タレントとして活躍中のミッツ・マングローブが、不惑を迎えて活躍の場を広げている。知的な辛口コメンテーターとしての活躍以外にも、“俳優”として、ドラマ「ドS刑事」(日本テレビ系)で女装姿ならぬ白衣の解剖医役で存在感を示した。さらに、40歳になった4月には初の自叙伝「うらやましい人生」を刊行している。

 最近も、レギュラーコメンテーターを務める「5時に夢中!」(MXテレビ)で「天然キャラを演じる“不思議ちゃん”は、踏んづけてやりたくなる」と辛口批判、「サンデー・ジャポン」(TBS系)では自民党若手議員の勉強会での報道圧力問題にも鋭く切り込んだ。また、雑誌のインタビューでは「性的マイノリティーは日本外交の武器になる」などと社会的な見解も語る。

「父親が英国伊勢丹の社長で、伯父がアナウンサーの徳光和夫ということもあり、マスコミに登場するようになったばかりの頃は“七光”と思われていたが、あっという間に面白さを認められてしまった。慶応大学法学部を卒業した後に英国ウェストミンスター大学に留学したという、マツコも認めるオネエ界随一の高学歴はダテじゃなかったことを証明しました」(芸能ライター)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  2. 2

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  3. 3

    埼玉県あっという間に医療崩壊の危機…小池氏再選の大迷惑

  4. 4

    PCR検査=反日の原因分析 「おはよう日本」はNHKの希望だ

  5. 5

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  8. 7

    コロナは強かった!女性16人全員がノーマスクで感染

  9. 8

    手越祐也は安泰 ファンクラブだけで年間5億円の収益になる

  10. 9

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  11. 10

    巨人快進撃で宙に浮く“ポスト原”阿部禅譲の既定路線が混沌

もっと見る