“番宣目的”の若手ばかり…テレビ各局「終戦特番」を振り返る

公開日:  更新日:

 70回目という節目を迎えた今年の終戦記念日。テレビ各局は戦争関連のドキュメンタリー特番を増やして挑んだが、揃いも揃って10~30代前半の旬の若手役者を“客寄せ”に起用する内容ばかり。戦争体験の風化が叫ばれる中、無関心な若者たちに番組視聴を促すには“若者代表”の人気俳優を起用すればいい――そんな企画書が目に浮かんでくるようだった。

 終戦記念日当日と翌16日の2日間のプライム帯(19~23時)に放送された戦争関連のドキュメンタリーは計5番組。その中で最も数字を稼いだのは、「嵐」の二宮和也(32)を起用したNHKスペシャル「“終戦”知られざる7日間」の9.3%だった。二宮は映画「硫黄島からの手紙」(06年)に続き、今年12月には長崎の原爆投下をテーマにした映画「母と暮せば」(吉永小百合主演)への出演が控えている。番組ではこういった経歴とともに戦争に向き合う若手俳優の代表格として二宮を紹介したが、ま、早い話、Nスペは今冬の映画宣伝を兼ねての出演というわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  10. 10

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

もっと見る