“番宣目的”の若手ばかり…テレビ各局「終戦特番」を振り返る

公開日:  更新日:

 70回目という節目を迎えた今年の終戦記念日。テレビ各局は戦争関連のドキュメンタリー特番を増やして挑んだが、揃いも揃って10~30代前半の旬の若手役者を“客寄せ”に起用する内容ばかり。戦争体験の風化が叫ばれる中、無関心な若者たちに番組視聴を促すには“若者代表”の人気俳優を起用すればいい――そんな企画書が目に浮かんでくるようだった。

 終戦記念日当日と翌16日の2日間のプライム帯(19~23時)に放送された戦争関連のドキュメンタリーは計5番組。その中で最も数字を稼いだのは、「嵐」の二宮和也(32)を起用したNHKスペシャル「“終戦”知られざる7日間」の9.3%だった。二宮は映画「硫黄島からの手紙」(06年)に続き、今年12月には長崎の原爆投下をテーマにした映画「母と暮せば」(吉永小百合主演)への出演が控えている。番組ではこういった経歴とともに戦争に向き合う若手俳優の代表格として二宮を紹介したが、ま、早い話、Nスペは今冬の映画宣伝を兼ねての出演というわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  2. 2

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  5. 5

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  6. 6

    お手本は韓国…政府推進「キャッシュレス社会」の恐ろしさ

  7. 7

    日清食品が駅伝撤退の波紋 錦織&大坂との巨額契約も負担か

  8. 8

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  9. 9

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

  10. 10

    協議打ち切り…日韓レーダー照射問題をこじらせた政治の罪

もっと見る