“番宣目的”の若手ばかり…テレビ各局「終戦特番」を振り返る

公開日: 更新日:

 70回目という節目を迎えた今年の終戦記念日。テレビ各局は戦争関連のドキュメンタリー特番を増やして挑んだが、揃いも揃って10~30代前半の旬の若手役者を“客寄せ”に起用する内容ばかり。戦争体験の風化が叫ばれる中、無関心な若者たちに番組視聴を促すには“若者代表”の人気俳優を起用すればいい――そんな企画書が目に浮かんでくるようだった。

 終戦記念日当日と翌16日の2日間のプライム帯(19~23時)に放送された戦争関連のドキュメンタリーは計5番組。その中で最も数字を稼いだのは、「嵐」の二宮和也(32)を起用したNHKスペシャル「“終戦”知られざる7日間」の9.3%だった。二宮は映画「硫黄島からの手紙」(06年)に続き、今年12月には長崎の原爆投下をテーマにした映画「母と暮せば」(吉永小百合主演)への出演が控えている。番組ではこういった経歴とともに戦争に向き合う若手俳優の代表格として二宮を紹介したが、ま、早い話、Nスペは今冬の映画宣伝を兼ねての出演というわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

  2. 2

    安倍自民は大誤算 首都圏は「最後の1議席」が大激戦に

  3. 3

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  4. 4

    維新に5.7億円もの“セルフ領収書”疑惑 参院選直撃は必至

  5. 5

    まるで被害者ヅラ 昭恵夫人が応援演説で公選法違反のススメ

  6. 6

    れいわ新選組・山本太郎氏「世の中変わるなら捨て石上等」

  7. 7

    【神奈川】松沢成文は賞味期限切れ?街頭演説に人集まらず

  8. 8

    宮迫のしくじりで好機 ミキらお笑い“第7世代”の虎視眈々

  9. 9

    復帰のめど立たず 休演を予測させた最後の「海老蔵歌舞伎」

  10. 10

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る