進撃、HEAT…撮影の苦労も水の泡 “自爆”する制作サイド

公開日:  更新日:

 ときに億単位の予算や何年もの期間をかけて、苦労の末に生み出される映画やドラマ。しかし、このところ制作サイドが足を引っ張り、作品の印象や評価を落としているケースが目立っている。
 
 先月末には、実写版「進撃の巨人」の樋口真嗣監督(49)の発言がネット上で物議を醸した。本作の試写会に参加した映画ライター・前田有一氏が、30日に自身の映画批評サイトに掲載した“100点満点中40点”という酷評に激怒。フェイスブックに「誰だよ、こいつに試写状送ったバカは!」と怒りを爆発させた投稿がネット上に流出し、酷評炎上騒動に発展した。

 前出の投稿は“友達”だけへの限定公開だったといい、翌31日には自身のツイッターで「やはりマヌケは私だった。誰だかわからないけど、こういう事(コメント流出)をする人間を友達だと思って友達にしていたんだから」と後悔を口に。公開間近のタイミングに不本意な形で注目を集めてしまった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  4. 4

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  5. 5

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  6. 6

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

  9. 9

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る