進撃、HEAT…撮影の苦労も水の泡 “自爆”する制作サイド

公開日: 更新日:

 ときに億単位の予算や何年もの期間をかけて、苦労の末に生み出される映画やドラマ。しかし、このところ制作サイドが足を引っ張り、作品の印象や評価を落としているケースが目立っている。
 
 先月末には、実写版「進撃の巨人」の樋口真嗣監督(49)の発言がネット上で物議を醸した。本作の試写会に参加した映画ライター・前田有一氏が、30日に自身の映画批評サイトに掲載した“100点満点中40点”という酷評に激怒。フェイスブックに「誰だよ、こいつに試写状送ったバカは!」と怒りを爆発させた投稿がネット上に流出し、酷評炎上騒動に発展した。

 前出の投稿は“友達”だけへの限定公開だったといい、翌31日には自身のツイッターで「やはりマヌケは私だった。誰だかわからないけど、こういう事(コメント流出)をする人間を友達だと思って友達にしていたんだから」と後悔を口に。公開間近のタイミングに不本意な形で注目を集めてしまった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  2. 2

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  3. 3

    ドラフト目玉 中京大中京・高橋宏斗お受験にプロやきもき

  4. 4

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  5. 5

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  6. 6

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  7. 7

    野党「合流新党」は150人規模の勢力に 分裂期待の自民落胆

  8. 8

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  9. 9

    「球界の小泉純一郎」古田敦也のヤクルト監督復帰はある?

  10. 10

    カジサックの悪評止まず…ギャラ低すぎて宮迫陣営へ流出?

もっと見る