日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

進撃、HEAT…撮影の苦労も水の泡 “自爆”する制作サイド

 ときに億単位の予算や何年もの期間をかけて、苦労の末に生み出される映画やドラマ。しかし、このところ制作サイドが足を引っ張り、作品の印象や評価を落としているケースが目立っている。
 
 先月末には、実写版「進撃の巨人」の樋口真嗣監督(49)の発言がネット上で物議を醸した。本作の試写会に参加した映画ライター・前田有一氏が、30日に自身の映画批評サイトに掲載した“100点満点中40点”という酷評に激怒。フェイスブックに「誰だよ、こいつに試写状送ったバカは!」と怒りを爆発させた投稿がネット上に流出し、酷評炎上騒動に発展した。

 前出の投稿は“友達”だけへの限定公開だったといい、翌31日には自身のツイッターで「やはりマヌケは私だった。誰だかわからないけど、こういう事(コメント流出)をする人間を友達だと思って友達にしていたんだから」と後悔を口に。公開間近のタイミングに不本意な形で注目を集めてしまった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事