• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

進撃、HEAT…撮影の苦労も水の泡 “自爆”する制作サイド

 ときに億単位の予算や何年もの期間をかけて、苦労の末に生み出される映画やドラマ。しかし、このところ制作サイドが足を引っ張り、作品の印象や評価を落としているケースが目立っている。
 
 先月末には、実写版「進撃の巨人」の樋口真嗣監督(49)の発言がネット上で物議を醸した。本作の試写会に参加した映画ライター・前田有一氏が、30日に自身の映画批評サイトに掲載した“100点満点中40点”という酷評に激怒。フェイスブックに「誰だよ、こいつに試写状送ったバカは!」と怒りを爆発させた投稿がネット上に流出し、酷評炎上騒動に発展した。

 前出の投稿は“友達”だけへの限定公開だったといい、翌31日には自身のツイッターで「やはりマヌケは私だった。誰だかわからないけど、こういう事(コメント流出)をする人間を友達だと思って友達にしていたんだから」と後悔を口に。公開間近のタイミングに不本意な形で注目を集めてしまった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  2. 2

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  3. 3

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  4. 4

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  5. 5

    加計理事長が突然の会見 W杯と地震に合わせ“逃げ切り作戦”

  6. 6

    最高裁も覚悟…森友問題で財務&国交省が隠したかったコト

  7. 7

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  8. 8

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  9. 9

    大阪北部地震で注目…活断層“直撃リスク”のある「17原発」

  10. 10

    電撃辞任後は連勝も…楽天“ポスト梨田”に挙がる2人の名前

もっと見る