凋落フジに痛恨の追い打ち…「ヨルタモリ終了」タモリの胸中

公開日:  更新日:

「秋の改編」で9月いっぱいで終わる「ヨルタモリ」(フジテレビ系)を巡り、司会のタモリ(70)の胸中がさまざまな臆測を呼んでいる。

 フジ側は「番組を続けてほしい」と慰留したが、タモリは「1年限り」との契約を盾に断固、首を振り続けたというのだ。

「もともとが昨年で打ち切りとなった『笑っていいとも!』の退職金のような番組。タモリもそのことを重々知った上でやっていたのでしょう。とはいえ、同時期スタートの新番組が総倒れに近いフジで、深夜枠ながら2桁の好視聴率を記録。視聴率が全ての世界ですから、番組続行となるのが普通です。スペシャル化やゴールデンへの格上げがあってもおかしくない。それらが一切なく、すべて終わりというのは、もうフジとは関わりたくないというタモリさんの強い意思表示がうかがえるのです」(テレビ関係者)

 タモリに見捨てられたとすれば、凋落フジには痛恨の出来事だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  9. 9

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る