藤原竜也が熱演 邦画「藁の楯」ハリウッドリメークの期待度

公開日:  更新日:

 2013年4月に公開されて興収18億3000万円を記録するヒットになった邦画の「藁の楯」が、ハリウッドでリメークされることになった。海外で話題になる邦画は最近ではアニメが多い。実写映画のリメークはなかなかいいニュースである。

 だが、邦画のリメークは企画段階までは結構上がるが、実現するのはなかなか難しいともいわれる。単純にいってこれまでハリウッド・リメーク作で、あまり大きな利益が出ていないことが大きいだろう。「藁の楯」が映画化され、大成功が期待されるゆえんである。

「藁の楯」は日本の映画監督でもっとも多作といわれてきた三池崇史監督が手掛けた作品。10億円の“殺人懸賞金”がかかった殺人犯を刑事らが護送するサスペンスだ。意表をつく話の展開もユニークなら、アクションなど切れ味抜群のシーンに好感が持てた。

 新幹線内や駅周辺をめぐる描写が見事で、何人もの人物が入り乱れる車内の襲撃シーンなど緊迫感が半端ではない。日本の新幹線では撮影できない部分も多いので、台湾の新幹線を使った。これがうまくいき、非常にリアル感が出た。空撮では日本と色の違う台湾の新幹線がばっちり映し出された。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  4. 4

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

もっと見る