二階堂ふみ 往年の映画から学んだ「この国の空」のヒロイン像

公開日:  更新日:

 夏の意欲作として話題の映画「この国の空」(原作=高井有一、監督・脚本=荒井晴彦)は戦時下の性、隣人との愛情を描き、戦後70年の節目の作品としては異色の内容だ。主演は個性派、演技派として注目の二階堂ふみ(20)、共演・長谷川博己(38)。二階堂に意気込みを聞いた。

 この映画のお話をいただいた時、決め手となったのは荒井監督の脚本でした。その中に、詩人・茨木のり子先生の「わたしが一番きれいだったとき」がありました。私がこの詩を知ったのは中学生の時でした。教科書で初めて読んだときに“これが戦争なんだ”と実感できたんです。

 この映画では戦争そのものの悲惨な映像はありません。でも、里子(二階堂)も市毛(長谷川)も敗戦が色濃くなる日々の状況下で、すぐそこにある“死”に怯え、翻弄されます。

 そもそも戦争がなければ、2人が惹かれ合うことはなかったと思うんです。里子は戦争という非日常の中で“自分は恋ができるか”“結婚できるのだろうか”と悩んでいる。2人の関係は恋なのか、愛なのか。人間が戦争という状況に置かれた時に求め合う――それは本能かもしれません。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  4. 4

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  5. 5

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る