• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

二階堂ふみ 往年の映画から学んだ「この国の空」のヒロイン像

 夏の意欲作として話題の映画「この国の空」(原作=高井有一、監督・脚本=荒井晴彦)は戦時下の性、隣人との愛情を描き、戦後70年の節目の作品としては異色の内容だ。主演は個性派、演技派として注目の二階堂ふみ(20)、共演・長谷川博己(38)。二階堂に意気込みを聞いた。

 この映画のお話をいただいた時、決め手となったのは荒井監督の脚本でした。その中に、詩人・茨木のり子先生の「わたしが一番きれいだったとき」がありました。私がこの詩を知ったのは中学生の時でした。教科書で初めて読んだときに“これが戦争なんだ”と実感できたんです。

 この映画では戦争そのものの悲惨な映像はありません。でも、里子(二階堂)も市毛(長谷川)も敗戦が色濃くなる日々の状況下で、すぐそこにある“死”に怯え、翻弄されます。

 そもそも戦争がなければ、2人が惹かれ合うことはなかったと思うんです。里子は戦争という非日常の中で“自分は恋ができるか”“結婚できるのだろうか”と悩んでいる。2人の関係は恋なのか、愛なのか。人間が戦争という状況に置かれた時に求め合う――それは本能かもしれません。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    正反対キャラを演じきる 佐藤健“視聴率40%男”の存在感

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    焼肉通いは序章…星野源が狙われる新垣結衣との要塞デート

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    二宮和也はジャニーズの“条件”拒み…伊藤綾子と来年結婚か

  8. 8

    安倍自民がブチあげ「省庁再々編」は国民ダマしの常套手段

  9. 9

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  10. 10

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

もっと見る