二階堂ふみ 往年の映画から学んだ「この国の空」のヒロイン像

公開日:  更新日:

 夏の意欲作として話題の映画「この国の空」(原作=高井有一、監督・脚本=荒井晴彦)は戦時下の性、隣人との愛情を描き、戦後70年の節目の作品としては異色の内容だ。主演は個性派、演技派として注目の二階堂ふみ(20)、共演・長谷川博己(38)。二階堂に意気込みを聞いた。

 この映画のお話をいただいた時、決め手となったのは荒井監督の脚本でした。その中に、詩人・茨木のり子先生の「わたしが一番きれいだったとき」がありました。私がこの詩を知ったのは中学生の時でした。教科書で初めて読んだときに“これが戦争なんだ”と実感できたんです。

 この映画では戦争そのものの悲惨な映像はありません。でも、里子(二階堂)も市毛(長谷川)も敗戦が色濃くなる日々の状況下で、すぐそこにある“死”に怯え、翻弄されます。

 そもそも戦争がなければ、2人が惹かれ合うことはなかったと思うんです。里子は戦争という非日常の中で“自分は恋ができるか”“結婚できるのだろうか”と悩んでいる。2人の関係は恋なのか、愛なのか。人間が戦争という状況に置かれた時に求め合う――それは本能かもしれません。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  2. 2

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  5. 5

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  6. 6

    お手本は韓国…政府推進「キャッシュレス社会」の恐ろしさ

  7. 7

    日清食品が駅伝撤退の波紋 錦織&大坂との巨額契約も負担か

  8. 8

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  9. 9

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

  10. 10

    協議打ち切り…日韓レーダー照射問題をこじらせた政治の罪

もっと見る