愛之助に噛みつくアッコをチクリ 上沼恵美子に「よくぞ」の声

公開日:  更新日:

 そこに“参戦”したのが上沼だった。冒頭のコメントのほか「親戚筋とか兄弟ならわかるけど、別によろしいやん」とも。これに対して周辺からは「よくぞ言った」「上沼、アッパレ」との声が上がっているのである。

■殺到する批判も織り込み済み

「和田が“芸能界のご意見番”なら、上沼だって“西の女帝”と呼ばれていて、これまでもカクカクたる戦歴を上げています。最近、話題になったところでは福山雅治と結婚した吹石一恵に対して同じく“そんなにべっぴんちゃう”とやったし、別の番組では有名女優や演歌歌手を名指しで(番組では音声処理)『最悪』『服装が許せない』と切り捨てて一体、誰なんだ? と話題になりました」(在阪テレビ関係者)

 古いところではモノマネの清水アキラを「あんなヤツ、そのうち人気が落ちる」とやって名誉毀損寸前の騒動に発展したこともあるし、NHKから打診された「紅白」司会も、相方の古舘伊知郎が気に食わないとの理由で断ったなんて話が取り沙汰されたことも。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  9. 9

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  10. 10

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

もっと見る