「ミカンが実る頃」歌った藍美代子 銀座ママまでの紆余曲折

公開日:  更新日:

♪青いミカンが実ったふるさとの丘に……。第1次オイルショックの嵐が吹き荒れた73年、こんな郷愁をそそる歌がヒットした。山上路夫作詞、平尾昌晃作曲の「ミカンが実る頃」だ。この曲を透明感ある歌声で歌ったのが藍美代子さん(61歳)。さて、今どうしているのか。

「いらっしゃいませ。お待ちしてました」

 東京・銀座5丁目の飲食店ビル4階のミニクラブ「Biene(ビーネ)」のドアを開けると、笑顔の藍さんがいた。

「丸34年間、仙台・国分町でガンバってたパブは今年4月28日を最後に閉め、8月18日に同じ店名で新規オープンしました。2カ月経って、どうにか落ち着いてきた感じですね」

 聞けば、「仙台のお店は生活するには十分なくらい繁盛してた」とか。それがなぜ東京に?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  8. 8

    主力組中心か…アジア杯サウジ戦の予想布陣に釜本氏が疑問

  9. 9

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  10. 10

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

もっと見る