「ミカンが実る頃」歌った藍美代子 銀座ママまでの紆余曲折

公開日:  更新日:

♪青いミカンが実ったふるさとの丘に……。第1次オイルショックの嵐が吹き荒れた73年、こんな郷愁をそそる歌がヒットした。山上路夫作詞、平尾昌晃作曲の「ミカンが実る頃」だ。この曲を透明感ある歌声で歌ったのが藍美代子さん(61歳)。さて、今どうしているのか。

「いらっしゃいませ。お待ちしてました」

 東京・銀座5丁目の飲食店ビル4階のミニクラブ「Biene(ビーネ)」のドアを開けると、笑顔の藍さんがいた。

「丸34年間、仙台・国分町でガンバってたパブは今年4月28日を最後に閉め、8月18日に同じ店名で新規オープンしました。2カ月経って、どうにか落ち着いてきた感じですね」

 聞けば、「仙台のお店は生活するには十分なくらい繁盛してた」とか。それがなぜ東京に?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る