• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

私生活“切り売り”は限界 清原に浮上する「プロレスデビュー」

 都内の一等地に立つそのマンションが、業者専用の検索システムに「売り物件」として登録されたのは、今月1日のことだった。広さ156平方メートル超の3LDK。南向きに面したリビングは26畳、室内にはバスルームが2つもある豪華な内装だ。築17年の中古物件ながら、2億3800万円の販売価格がつけられたこのマンションは、前オリックスの清原和博(48)の自宅だったものである。

「97年に西武から巨人へFA移籍した直後に3億円で買ったものです。昨年3月の週刊文春の薬物疑惑報道以来、評論家やタレントとしての仕事がなくなり、生活が逼迫していると聞いていた。離婚もし、2人の息子の養育費の問題もあって、17年も住んだ自宅を売却せざるを得なかったのでしょう」(巨人関係者)

 開店休業状態だった仕事は、今年に入って芸能界の有力事務所とマネジメントの業務提携を結んだことで、露出が増え始めてはいる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  4. 4

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  5. 5

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

  10. 10

    広島・菊池、ソフトバンク柳田も…地方の大学生を見逃すな

もっと見る