私生活“切り売り”は限界 清原に浮上する「プロレスデビュー」

公開日:  更新日:

 都内の一等地に立つそのマンションが、業者専用の検索システムに「売り物件」として登録されたのは、今月1日のことだった。広さ156平方メートル超の3LDK。南向きに面したリビングは26畳、室内にはバスルームが2つもある豪華な内装だ。築17年の中古物件ながら、2億3800万円の販売価格がつけられたこのマンションは、前オリックスの清原和博(48)の自宅だったものである。

「97年に西武から巨人へFA移籍した直後に3億円で買ったものです。昨年3月の週刊文春の薬物疑惑報道以来、評論家やタレントとしての仕事がなくなり、生活が逼迫していると聞いていた。離婚もし、2人の息子の養育費の問題もあって、17年も住んだ自宅を売却せざるを得なかったのでしょう」(巨人関係者)

 開店休業状態だった仕事は、今年に入って芸能界の有力事務所とマネジメントの業務提携を結んだことで、露出が増え始めてはいる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る