私生活“切り売り”は限界 清原に浮上する「プロレスデビュー」

公開日:  更新日:

 都内の一等地に立つそのマンションが、業者専用の検索システムに「売り物件」として登録されたのは、今月1日のことだった。広さ156平方メートル超の3LDK。南向きに面したリビングは26畳、室内にはバスルームが2つもある豪華な内装だ。築17年の中古物件ながら、2億3800万円の販売価格がつけられたこのマンションは、前オリックスの清原和博(48)の自宅だったものである。

「97年に西武から巨人へFA移籍した直後に3億円で買ったものです。昨年3月の週刊文春の薬物疑惑報道以来、評論家やタレントとしての仕事がなくなり、生活が逼迫していると聞いていた。離婚もし、2人の息子の養育費の問題もあって、17年も住んだ自宅を売却せざるを得なかったのでしょう」(巨人関係者)

 開店休業状態だった仕事は、今年に入って芸能界の有力事務所とマネジメントの業務提携を結んだことで、露出が増え始めてはいる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  7. 7

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  8. 8

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  9. 9

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  10. 10

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

もっと見る