藤本一彦
著者のコラム一覧
藤本一彦

テレビ朝日総合編成局制作2部プロデューサー。角川映画などを経て、06年にテレビ朝日入社。助監督、監督、プロデューサーとして35年間テレビドラマの現場に携わり、これまで「味いちもんめ」「7人の女弁護士」「砂の器」「刑事一代」「点と線」などを手がけている。

〈3〉ミーティングルームの“小さな改革”お気づきでしたか?

公開日: 更新日:
テレビ朝日「科捜研の女」(提供写真)

 私が「科捜研の女」を担当するようになった去年の第14シリーズから、沢口さんたちが勤務する科捜研のミーティングルームが変わったのですが、皆さんは気づいてくれましたでしょうか?

 科捜研のメンバーは、文書鑑定が専門の日野所長(斉藤暁)、映像データ専門の…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “愛の巣”から消えた…二宮和也と伊藤綾子の破局説を検証

  2. 2

    センバツV東邦や強豪校が地方大会序盤で相次ぎ消えた理由

  3. 3

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  4. 4

    最終議席予想は安倍敗北 改憲勢力75議席で3分の2に届かず

  5. 5

    この声も警察は排除するのか 地鳴りのような「安倍辞めろ」

  6. 6

    セレブ子弟集まる青学初等部に残る“ボスママ戦争”の後遺症

  7. 7

    れいわ野原に学会票 東京で公明が共産に半世紀ぶり敗北か

  8. 8

    宇垣美里の加入で オスカー“バラエティー班”4人娘勢い加速

  9. 9

    安倍自民は大誤算 首都圏は「最後の1議席」が大激戦に

  10. 10

    「西城秀樹のサインはダメ」と叱ったジャニー喜多川さん

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る