親権変更3回、虐待報告も…気の毒すぎる大沢&喜多嶋の長男

公開日:  更新日:

「父親は誰なのか」――まるでミステリーのようになってきた。

 大沢樹生(46)と元妻、喜多嶋舞(43)の間にもうけた長男(18)について、大沢が実子ではないと訴えた訴訟は、DNA鑑定の結果などから、東京家裁が親子ではないという判決を下した。

 “親”はそれぞれの思いを自分で処理できるだろうが、気の毒なのは長男である。父親と思っていた人間が父親だったりそうではなくなったり、この長男の場合、親権も二転三転した。喜多嶋→大沢→喜多嶋→喜多嶋の両親と当初の喜多嶋から3回も変わった。

 3年前には長男への虐待報道もあった。本人が、幼少期から大沢と喜多嶋による虐待を受けていたと告白したのだが、これは大沢の関係者が「そんな事実はない」と完全に否定、騒動は収まった。

 05年に大沢、喜多嶋は離婚したが、その後、08年に喜多嶋が再婚して女児をもうけ、同時期に大沢も再婚している。長男の家庭環境はまさに目まぐるしく変化したのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る