タレント気取りの勘違い 上重聡アナ「降板」を迫られる日テレ

公開日:  更新日:

 日テレ・上重聡アナの「利益供与疑惑」の話題が沸騰中である。出演中の「スッキリ!!」で謝罪したが、“応急手当て”の感は否めない。はっきりしていることだけでも、靴の小売りメーカーの元会長から1億7000万円を無利子で借り高級マンションを購入。会長名義の高級車を乗り回し、禁止されている車通勤。これだけでもアナウンサーとしての資質を問われる問題だ。芸能界でいうところの「勘違い」に当てはまる。

「芸能界はちょっと売れただけで周囲はチヤホヤと扱う。途端に当人から、新人時代の謙虚さがなくなり、すべて自分の力と勘違いして調子に乗り、軌道を外す。それを注意、コントロールするのが事務所の仕事でもある」(旧知の芸能プロ社長)

 上重と日テレ上層部に置き換えれば分かりやすい。上重はPL学園のエースとして横浜の松坂大輔と戦い名を馳せた。その後、大学、日テレアナと順風満帆にエリートコースを歩めたのも、松坂と戦った「甲子園球児」という肩書があったからに他ならない。ここに最初の勘違いが生まれる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る