タレント気取りの勘違い 上重聡アナ「降板」を迫られる日テレ

公開日: 更新日:

 日テレ・上重聡アナの「利益供与疑惑」の話題が沸騰中である。出演中の「スッキリ!!」で謝罪したが、“応急手当て”の感は否めない。はっきりしていることだけでも、靴の小売りメーカーの元会長から1億7000万円を無利子で借り高級マンションを購入。会長名義の高級車を乗り回し、禁止されている車通勤。これだけでもアナウンサーとしての資質を問われる問題だ。芸能界でいうところの「勘違い」に当てはまる。

「芸能界はちょっと売れただけで周囲はチヤホヤと扱う。途端に当人から、新人時代の謙虚さがなくなり、すべて自分の力と勘違いして調子に乗り、軌道を外す。それを注意、コントロールするのが事務所の仕事でもある」(旧知の芸能プロ社長)

 上重と日テレ上層部に置き換えれば分かりやすい。上重はPL学園のエースとして横浜松坂大輔と戦い名を馳せた。その後、大学、日テレアナと順風満帆にエリートコースを歩めたのも、松坂と戦った「甲子園球児」という肩書があったからに他ならない。ここに最初の勘違いが生まれる。

 今やアナウンサーも周囲は芸能人と同じように見る。サインに握手、写真まで求められる。快く応じるのも「好感度」を上げる大切なサービスだろうが、勘違いする者はタレント気分。元会長は芸能界でいえば、「タニマチ」的な存在。アナウンサーでも全国区の顔であれば、タレントと同じように接し、公私にわたり面倒を見たがるもの。結果、当人の勘違いは増殖。日テレ社員であることさえも忘れて甘えてしまう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    木村拓哉「教場」で10年半ぶり“フジ月9”…そしてヒロイン候補に浮上する女優の名前

    木村拓哉「教場」で10年半ぶり“フジ月9”…そしてヒロイン候補に浮上する女優の名前

  2. 2
    ソフトB戦力外・松田の引き取り手は「熱さに飢えた球団」常勝チームを知り尽くす男は“買い”

    ソフトB戦力外・松田の引き取り手は「熱さに飢えた球団」常勝チームを知り尽くす男は“買い”

  3. 3
    阪神・藤浪流出危機に加え…岡田氏と“ギクシャク”の西勇輝は「黒髪アピール」で巨人FA移籍も

    阪神・藤浪流出危機に加え…岡田氏と“ギクシャク”の西勇輝は「黒髪アピール」で巨人FA移籍も

  4. 4
    電動キックボードで男性死亡…運営会社LUUPの釈明に「お悔み申し上げますくらい言えば」の声

    電動キックボードで男性死亡…運営会社LUUPの釈明に「お悔み申し上げますくらい言えば」の声

  5. 5
    松村沙友理との破局言及におけるヒカルの「無配慮」芸能人がYouTuberと交際するリスク

    松村沙友理との破局言及におけるヒカルの「無配慮」芸能人がYouTuberと交際するリスク

  1. 6
    朝倉未来「Breaking Down」で人気のラッパーが逮捕 “警棒”での男性暴行に「やっぱり」の声

    朝倉未来「Breaking Down」で人気のラッパーが逮捕 “警棒”での男性暴行に「やっぱり」の声

  2. 7
    これが安倍氏国葬の内幕…会場では水しか飲めず、官僚は寝落ち、超グダグダ進行に怒号まで

    これが安倍氏国葬の内幕…会場では水しか飲めず、官僚は寝落ち、超グダグダ進行に怒号まで

  3. 8
    大谷の新ボスに元ロッテ監督・バレンタイン氏が浮上! 72歳老将自ら“売り込み”の成果は?

    大谷の新ボスに元ロッテ監督・バレンタイン氏が浮上! 72歳老将自ら“売り込み”の成果は?

  4. 9
    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  5. 10
    多額の“手切れ金”支払いへ…村上グループに株買い占められた「セントラル硝子」の覚悟

    多額の“手切れ金”支払いへ…村上グループに株買い占められた「セントラル硝子」の覚悟