日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

元テレ朝アナ雪野智世 「壮絶半生」告白でテレビ界に返り咲き

「これいいなって思うのは、テレビを見たりして、2人で爆笑することです。それも、少し大げさに。そういう時間を大事にしています」――。

 12日に東京・汐留で行われた「ママズエキスポ」に参加した、フリーアナウンサーの雪野智世(51)。子供との何げない日常を語ったものだが、その背景には壮絶な“事情”があったことを先月放送の「爆報!THEフライデー」(TBS系)で明らかにしていたため、言葉がずしりと響く。

 44歳で高齢出産した際、事実婚状態だった子供の父に結婚を拒否され、シングルマザーになることを決意するも、出産時に子宮筋腫が見つかり命がけの大手術の末、1児の母になったことを番組で明かした雪野。妊娠がわかったのに結婚を拒否した相手は、不動産会社を経営する3歳年下の遊び人で、前妻との間に1児の子を持つシングルファーザーだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事