• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

元フォー・セインツ上原徹さんはフジ社員から会社社長に

♪小さな日記につづられた……。哀愁のある詞とハーモニーが今でも耳に残る、1968年の大ヒット曲「小さな日記」。歌っていたのはカレッジポップスの中心的なグループ、フォー・セインツだ。彼らは72年、原田芳雄と浅丘ルリ子共演のドラマ「冬物語」の同名の主題歌をフォー・クローバースと名前を変えてヒットさせた。ボーカルだった上原徹さん(67)は今どうしているのか。

 港区北青山のおしゃれなビルの8階にある、国内外の音楽著作権の取得や管理、作詞、作曲家の育成を手がける「フジパシフィックミュージック」。社長室には会議用の大テーブルはもちろん、オーディオ設備にサウナルームまで完備している。そこの主が上原さんだ。

「ええ、代表取締役社長ってことで。実は大学(成蹊大)3年の時に『小さな日記』を歌って最初に契約したのが、今の会社のもとになったパシフィック音楽出版だったんです。その後、フジテレビのバイトから正社員になり、この会社に移りました。社長になって20年以上経ちますか」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  2. 2

    ジャニーズは酒と女で破滅 元TOKIO山口、NEWS小山の次は?

  3. 3

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  4. 4

    AKB総選挙1位でも 松井珠理奈に課せられる“ヒールの宿命”

  5. 5

    夫がキャディーに…横峯さくらは“内情の功”シード復活の糧

  6. 6

    モリカケ潰しと国威発揚 安倍政権がほくそ笑む“W杯狂騒”

  7. 7

    宮里藍「10年越しの結婚」秘話 世間体気にし父親も大反対

  8. 8

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  9. 9

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  10. 10

    6年ぶりV逃した有村智恵の衰え…再三のチャンス決められず

もっと見る