「夏子の酒」主題歌がヒット 熊谷幸子さん「印税は悪い人に…」

公開日:  更新日:

 21年前の94年、同名漫画が原作の連続ドラマ「夏子の酒」(フジテレビ系)がヒット。共演した和久井映見と萩原聖人が、その翌年に結婚したことでも話題になった。この「夏子の酒」の主題歌「風と雲と私」を歌っていたのが熊谷幸子さん(52)だ。今どうしているのか。

「『風と雲と私』を歌ったのが30歳のときで、5年後の35歳で結婚し、10年ほど休業して主婦の生活をしてました。3年前、ひとり息子に手がかからなくなったことと、東日本大震災をきっかけに音楽活動を再開した。父の実家が陸前高田でして、家が流されたり、すごく仲の良かったいとこが亡くなったりで大きなショックを受けましてね。人生、何があるかわからない。やれることを今やらないと。やれることは音楽だ、という気持ちになったんです」

 地下鉄銀座駅に近い喫茶店で会った熊谷さん、まずはこう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る