離婚問題も決着へ 米倉涼子“視聴率女王”に本格カムバック

公開日:  更新日:

 胸の谷間を強調した超セクシードレスは揺るぎない決意の表れか。女優の米倉涼子(40)が2日、テレビ朝日系ドラマスペシャル「家政婦は見た!」(5日21時~)の完成披露試写会に登場。オカッパ頭にそばかすメークで美貌を隠し、怪しい家政婦に扮する米倉版「家政婦――」も第2弾となり、「私の唯一のコメディーライン。思ったことがそのまま表現できるのでストレスレスな役です」と、作品と役柄への愛着を話していた。

 この日は共演者の西田敏行(68)や財前直見(49)らも登壇し、終始リラックスした様子が印象的だった。今夏に行われた撮影では「保冷剤を脇にあてたり、ウィッグの中に忍ばせたり」と、暑さ対策のエピソードも披露。さらに16年の抱負を聞かれるとフリップに「動」の一字をデカデカと書き、こう語ったのだった。

「動(ドウ)よって感じ。いろいろ活動して、いろいろ感動したいですね。今年は連ドラもやらなかったぶん、来年はエネルギーをためて動きまくりたいと思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る