離婚問題も決着へ 米倉涼子“視聴率女王”に本格カムバック

公開日:  更新日:

 胸の谷間を強調した超セクシードレスは揺るぎない決意の表れか。女優の米倉涼子(40)が2日、テレビ朝日系ドラマスペシャル「家政婦は見た!」(5日21時~)の完成披露試写会に登場。オカッパ頭にそばかすメークで美貌を隠し、怪しい家政婦に扮する米倉版「家政婦――」も第2弾となり、「私の唯一のコメディーライン。思ったことがそのまま表現できるのでストレスレスな役です」と、作品と役柄への愛着を話していた。

 この日は共演者の西田敏行(68)や財前直見(49)らも登壇し、終始リラックスした様子が印象的だった。今夏に行われた撮影では「保冷剤を脇にあてたり、ウィッグの中に忍ばせたり」と、暑さ対策のエピソードも披露。さらに16年の抱負を聞かれるとフリップに「動」の一字をデカデカと書き、こう語ったのだった。

「動(ドウ)よって感じ。いろいろ活動して、いろいろ感動したいですね。今年は連ドラもやらなかったぶん、来年はエネルギーをためて動きまくりたいと思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  3. 3

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  4. 4

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  5. 5

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  6. 6

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  7. 7

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  8. 8

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  9. 9

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  10. 10

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

もっと見る