「あさが来た」新次郎のモデル 広岡信五郎は遊び人なのか?

公開日: 更新日:

「商いのことはよう分かりませんよってに。ほなさいなら」――主人公・あさや加野屋が窮地に陥るたびに巾着袋をグルグルやってややこしい話から逃げてしまう。朝ドラ「あさが来た」で描かれる新次郎(玉木宏)はまるで情けない男になっているが、こうなるとモデルとなった広岡信五郎が実際はどんな人物だったか気になってくる。

 ホントにただの道楽好きの遊び人だったのか。歴史作家の加来耕三氏が言う。

「確かに道楽好きではあったようですが、昔の戦国武将が茶の湯を愛したように、当事の商人にとって謡や三味線はたしなみのひとつだったのです。社交場であるとともに重要な情報交換の場でもあった。実際、あさのモデルとなった広岡浅子に炭鉱事業を持ちかけたのは謡仲間から情報を得た信五郎でした」

■尼崎の市外局番が大阪と同じ「06」の謎

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  3. 3

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  4. 4

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  5. 5

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

  6. 6

    加藤浩次に同情薄 自滅のラヴィットより“身内”にビクビク

  7. 7

    マリエの枕営業告発が広がりに欠けるワケ…どうなる“第2R”

  8. 8

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  9. 9

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

  10. 10

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

もっと見る