J・チェンとも共演 “女ドラゴン”大島由加里の女優引退後

公開日: 更新日:

■香港では1億円前後稼ぐも…

 大島さんは日体大女子短大在学中にジャッキー・チェン主演の「ヤング・マスター」を見てアクション女優を目指した。

「バイト先の喫茶店の常連さんにジャパンアクションクラブを紹介していただき、スタントを始めました。33年ほど前でスタントマンのギャラは“1メートル飛び降りて1万円”。時給500円のウエートレスと比べると破格も破格。エイヤ~! で5メートル飛び降りたこともありました」

 83年、特撮戦隊シリーズ「超電子バイオマン」で女優デビュー。84年、香港映画のオーディションに合格して単身香港に渡り、ジャッキー・チェン主宰のプロダクションに所属し、華麗なアクションで「女ドラゴン」なる異名を取った。そして、97年の香港の中国返還を機に活動の拠点をフィリピンに移し、芸名も「大島由加里」から「シンシア・ラスター」になった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  2. 2

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  5. 5

    大谷翔平に追われたプホルスにレイズ筒香が追い出される日

  6. 6

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  7. 7

    婚約内定会見から3年8カ月の眞子さまは…約束後45%が破棄

  8. 8

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  9. 9

    宣言拡大延長なのに規制緩和の支離滅裂…スガ不況へ一直線

  10. 10

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

もっと見る