J・チェンとも共演 “女ドラゴン”大島由加里の女優引退後

公開日: 更新日:

 人気特撮戦隊シリーズ「超電子バイオマン」で83年にデビューし、その後、香港映画界でジャッキー・チェンやユン・ピョウらと共演。「女ドラゴン」と呼ばれたアクション女優がいた。大島由加里さん(51)だ。香港の中国返還後はフィリピンに拠点を移し、「シンシア・ラスター」名で大活躍した。今どうしているのか。

「フィリピンから故郷の福岡に戻ってきたのが16年前。アクション女優の経験を生かしてヒューマンアカデミー福岡校の客員講師になったのが13年前で、今は特別顧問として本格的な演技やアクション・スタントが学べる『エンターテインメントラボLuster Pro.アクション研修コース』を担当してます」

 福岡市博多区の複合施設「パピオ」で会った大島さん、こう言って記者に「姫神」なる舞台のチラシを手渡した。

「これは23日に博多座である市民参加の演劇で、遣隋使をテーマに北九州と朝鮮半島諸国をめぐる壮大なスペクタクル作品です。原作は安部龍太郎先生の同名の小説。私はアクション監督を任され、これから最終稽古です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  3. 3

    コロナで六本木は閑古鳥…飲食店経営者を救ったISSAの一言

  4. 4

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  5. 5

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  6. 6

    救いの女神か? コロナ禍を伝える渡辺直美の優しい発信力

  7. 7

    自粛要請も海外旅行→コロナ感染→卒業式出席の呆れた行動

  8. 8

    公務員はコロナ禍で収入が減る民間に合わせる気はないのか

  9. 9

    コロナ陽性ゼロでも…大阪・飛田新地が全店休業に至るまで

  10. 10

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

もっと見る