J・チェンとも共演 “女ドラゴン”大島由加里の女優引退後

公開日:  更新日:

 人気特撮戦隊シリーズ「超電子バイオマン」で83年にデビューし、その後、香港映画界でジャッキー・チェンやユン・ピョウらと共演。「女ドラゴン」と呼ばれたアクション女優がいた。大島由加里さん(51)だ。香港の中国返還後はフィリピンに拠点を移し、「シンシア・ラスター」名で大活躍した。今どうしているのか。

「フィリピンから故郷の福岡に戻ってきたのが16年前。アクション女優の経験を生かしてヒューマンアカデミー福岡校の客員講師になったのが13年前で、今は特別顧問として本格的な演技やアクション・スタントが学べる『エンターテインメントラボLuster Pro.アクション研修コース』を担当してます」

 福岡市博多区の複合施設「パピオ」で会った大島さん、こう言って記者に「姫神」なる舞台のチラシを手渡した。

「これは23日に博多座である市民参加の演劇で、遣隋使をテーマに北九州と朝鮮半島諸国をめぐる壮大なスペクタクル作品です。原作は安部龍太郎先生の同名の小説。私はアクション監督を任され、これから最終稽古です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  4. 4

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  5. 5

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る