• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

J・チェンとも共演 “女ドラゴン”大島由加里の女優引退後

投稿日:  更新日:

 人気特撮戦隊シリーズ「超電子バイオマン」で83年にデビューし、その後、香港映画界でジャッキー・チェンやユン・ピョウらと共演。「女ドラゴン」と呼ばれたアクション女優がいた。大島由加里さん(51)だ。香港の中国返還後はフィリピンに拠点を移し、「シンシア・ラスター」名で大活躍した。今どうしているのか。

「フィリピンから故郷の福岡に戻ってきたのが16年前。アクション女優の経験を生かしてヒューマンアカデミー福岡校の客員講師になったのが13年前で、今は特別顧問として本格的な演技やアクション・スタントが学べる『エンターテインメントラボLuster Pro.アクション研修コース』を担当してます」

 福岡市博多区の複合施設「パピオ」で会った大島さん、こう言って記者に「姫神」なる舞台のチラシを手渡した。

「これは23日に博多座である市民参加の演劇で、遣隋使をテーマに北九州と朝鮮半島諸国をめぐる壮大なスペクタクル作品です。原作は安部龍太郎先生の同名の小説。私はアクション監督を任され、これから最終稽古です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  6. 6

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  7. 7

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  8. 8

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

もっと見る