“焼津の半次”品川隆二さん 5度のがん手術乗り越え作詞家に

公開日: 更新日:

 60年代半ば、大人気だったテレビ時代劇「素浪人 月影兵庫」に続編の「素浪人 花山大吉」。その立役者が松方弘樹の父で剣の達人を演じた故近衛十四郎さんとおっちょこちょいの渡世人、焼津の半次役の品川隆二さん(84)の名コンビだった。品川さん、今どうしているのか。

■肺がんを機に作詞を開始

 JR京都駅からクルマで約25分。北区紫野の自宅を訪ねると、小説や歴史書、映画関係の書籍が積み上げられた8畳ほどの応接間に通された。

「ここ17年ほどの間に肺を2回、膀胱2回、前立腺1回の計5回もがんの手術を受けたんだよ。おまけに8年前には転んだ拍子に左足のヒザのお皿を粉砕骨折して、杖なしではまともに歩けない。ホント、あちこちガタがきちまった。しかし、この春で85歳。無理もないかな、ハハハ」


 頭髪は真っ白とはいえ、滑舌は良く、眼光は鋭い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  3. 3

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  4. 4

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  5. 5

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  6. 6

    下方修正なのに…月例経済報告「緩やかに景気回復」の大嘘

  7. 7

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  8. 8

    白髪イチローの衰えた姿に身震いするような色気を感じる

  9. 9

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  10. 10

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

もっと見る