“焼津の半次”品川隆二さん 5度のがん手術乗り越え作詞家に

公開日: 更新日:

 60年代半ば、大人気だったテレビ時代劇「素浪人 月影兵庫」に続編の「素浪人 花山大吉」。その立役者が松方弘樹の父で剣の達人を演じた故近衛十四郎さんとおっちょこちょいの渡世人、焼津の半次役の品川隆二さん(84)の名コンビだった。品川さん、今どうしているのか。

■肺がんを機に作詞を開始

 JR京都駅からクルマで約25分。北区紫野の自宅を訪ねると、小説や歴史書、映画関係の書籍が積み上げられた8畳ほどの応接間に通された。

「ここ17年ほどの間に肺を2回、膀胱2回、前立腺1回の計5回もがんの手術を受けたんだよ。おまけに8年前には転んだ拍子に左足のヒザのお皿を粉砕骨折して、杖なしではまともに歩けない。ホント、あちこちガタがきちまった。しかし、この春で85歳。無理もないかな、ハハハ」


 頭髪は真っ白とはいえ、滑舌は良く、眼光は鋭い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゴタゴタ続き…阪神低迷の“A級戦犯”フロントが抱える問題

  2. 2

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  3. 3

    埼玉大・高端准教授が警鐘「自助、共助」を強調する危うさ

  4. 4

    菅新内閣の不真面目3閣僚 デジタル担当相はワニ動画で物議

  5. 5

    菅内閣“ご祝儀報道”の裏で着々…真の肝入りは法務と警察

  6. 6

    ドラ1候補・明石商中森の母が明かす プロ志望表明の舞台裏

  7. 7

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  8. 8

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  9. 9

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

  10. 10

    阪神ファン大胆提言「矢野監督解任、岡田彰布氏で再建を」

もっと見る