“焼津の半次”品川隆二さん 5度のがん手術乗り越え作詞家に

公開日:  更新日:

 60年代半ば、大人気だったテレビ時代劇「素浪人 月影兵庫」に続編の「素浪人 花山大吉」。その立役者が松方弘樹の父で剣の達人を演じた故近衛十四郎さんとおっちょこちょいの渡世人、焼津の半次役の品川隆二さん(84)の名コンビだった。品川さん、今どうしているのか。

■肺がんを機に作詞を開始

 JR京都駅からクルマで約25分。北区紫野の自宅を訪ねると、小説や歴史書、映画関係の書籍が積み上げられた8畳ほどの応接間に通された。

「ここ17年ほどの間に肺を2回、膀胱2回、前立腺1回の計5回もがんの手術を受けたんだよ。おまけに8年前には転んだ拍子に左足のヒザのお皿を粉砕骨折して、杖なしではまともに歩けない。ホント、あちこちガタがきちまった。しかし、この春で85歳。無理もないかな、ハハハ」


 頭髪は真っ白とはいえ、滑舌は良く、眼光は鋭い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  5. 5

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  6. 6

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  7. 7

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  8. 8

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  9. 9

    冬巡業も数日間のみ 稀勢の里は1月場所休場ならジ・エンド

  10. 10

    46歳アンナが心配で…引退報道を一蹴した梅宮辰夫の胸の内

もっと見る