舞台中止訴訟はドロ沼化も…土屋アンナ「100対0」の勝因

公開日:  更新日:

 モデルで歌手の土屋アンナ(31)が主演舞台の稽古に参加せず公演が中止になったとして、舞台をプロデュースした演出家の甲斐智陽氏(64)と制作側が約3000万円の損害賠償を請求した民事訴訟の判決が25日、東京地裁で開かれ、甲斐氏側の請求は棄却された。

 逆に甲斐氏がネット上で発表した楽曲「ANNA」の歌詞が名誉毀損にあたるとして、土屋が反訴した件については土屋の訴えを認め、甲斐氏に33万円の支払いが命じられた。

 提訴から2年半、自らの主張がまったく受け入れられなかった甲斐氏は閉廷後に会見。「控訴する。ダメなら最高裁。金の問題じゃない!」と怒りをあらわに。一方、土屋は都内自宅近所の公園で会見。「ファンや家族に迷惑をかけた。なのに支えてくれて。『ごめんね』という気持ち」などと話していたが、完全にアンナの“作戦勝ち”だったようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  3. 3

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  10. 10

    赤っ恥最下位で阪神OBが提言「大山を4番三塁に固定して」

もっと見る