舞台中止訴訟はドロ沼化も…土屋アンナ「100対0」の勝因

公開日: 更新日:

 モデルで歌手の土屋アンナ(31)が主演舞台の稽古に参加せず公演が中止になったとして、舞台をプロデュースした演出家の甲斐智陽氏(64)と制作側が約3000万円の損害賠償を請求した民事訴訟の判決が25日、東京地裁で開かれ、甲斐氏側の請求は棄却された。

 逆に甲斐氏がネット上で発表した楽曲「ANNA」の歌詞が名誉毀損にあたるとして、土屋が反訴した件については土屋の訴えを認め、甲斐氏に33万円の支払いが命じられた。

 提訴から2年半、自らの主張がまったく受け入れられなかった甲斐氏は閉廷後に会見。「控訴する。ダメなら最高裁。金の問題じゃない!」と怒りをあらわに。一方、土屋は都内自宅近所の公園で会見。「ファンや家族に迷惑をかけた。なのに支えてくれて。『ごめんね』という気持ち」などと話していたが、完全にアンナの“作戦勝ち”だったようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK大河「いだてん」大コケでわかった ドラマとは主役次第

  2. 2

    李柄輝氏が語る朝鮮の原則「米国が提案蹴れば行動に移る」

  3. 3

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  4. 4

    朝から晩までピエール瀧 おかげで安倍悪辣政権が6年安泰

  5. 5

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  6. 6

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  7. 7

    フジ月9の“復活”を占う 錦戸亮「トレース」最終回の視聴率

  8. 8

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  9. 9

    また偽装発覚…安倍首相が施政方針演説で巧みな“錯覚工作”

  10. 10

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

もっと見る