法廷で“女優力”発揮も…土屋アンナが払わされる裁判の代償

公開日: 更新日:

 2013年にモデルで歌手の土屋アンナ(31)が主演舞台の稽古に参加せず、公演中止になったとして、舞台のプロデューサー・甲斐智陽氏(64)が約3000万円の損害賠償を求めた訴訟の口頭弁論が9日、東京地裁であり、土屋と甲斐氏が出廷。法廷で初の直接対決が実現した。

 土屋は所属事務所社長でもある母親とともに出廷。土屋側は甲斐氏がネット上に公開した楽曲「ANNA」に対し甲斐氏を名誉毀損で訴えているため、訴訟はこの日がひとつのヤマ場を迎えた。

「土屋は稽古を欠席した理由について、甲斐氏が原作者からの承諾書を取り付けていなかったことを主張。また、舞台のミーティング中に甲斐氏から『ヤクザみたいな女だな。人の話も聞けない態度が悪ぃーな』と恫喝されたとも主張。さらには、甲斐氏が原作者の障害者女性を誹謗中傷した様子を、甲斐氏のモノマネまじりで証言した。おまけに、『ANNA』の歌詞が事実無根であることを主張し涙を見せるなど“見せ場”が満載。土屋の“女優力”が法廷でも光っていました」(傍聴した記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  2. 2

    安倍自民は大誤算 首都圏は「最後の1議席」が大激戦に

  3. 3

    維新に5.7億円もの“セルフ領収書”疑惑 参院選直撃は必至

  4. 4

    TV局に「元SMAP使うな」ジャニーズ事務所“圧力”の裏の傲慢

  5. 5

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

  6. 6

    「西城秀樹のサインはダメ」と叱ったジャニー喜多川さん

  7. 7

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  8. 8

    まるで被害者ヅラ 昭恵夫人が応援演説で公選法違反のススメ

  9. 9

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

  10. 10

    吉本「契約書なし」にカミついたハリセンボン春菜の正論

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る