法廷で“女優力”発揮も…土屋アンナが払わされる裁判の代償

公開日: 更新日:

 2013年にモデルで歌手の土屋アンナ(31)が主演舞台の稽古に参加せず、公演中止になったとして、舞台のプロデューサー・甲斐智陽氏(64)が約3000万円の損害賠償を求めた訴訟の口頭弁論が9日、東京地裁であり、土屋と甲斐氏が出廷。法廷で初の直接対決が実現した。

 土屋は所属事務所社長でもある母親とともに出廷。土屋側は甲斐氏がネット上に公開した楽曲「ANNA」に対し甲斐氏を名誉毀損で訴えているため、訴訟はこの日がひとつのヤマ場を迎えた。

「土屋は稽古を欠席した理由について、甲斐氏が原作者からの承諾書を取り付けていなかったことを主張。また、舞台のミーティング中に甲斐氏から『ヤクザみたいな女だな。人の話も聞けない態度が悪ぃーな』と恫喝されたとも主張。さらには、甲斐氏が原作者の障害者女性を誹謗中傷した様子を、甲斐氏のモノマネまじりで証言した。おまけに、『ANNA』の歌詞が事実無根であることを主張し涙を見せるなど“見せ場”が満載。土屋の“女優力”が法廷でも光っていました」(傍聴した記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  2. 2

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  3. 3

    中高年コロナ急増…感染拡大は小池知事“ご都合主義”の人災

  4. 4

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  5. 5

    小池知事がイエスマン優遇 感染症対策のプロ“左遷”で物議

  6. 6

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  7. 7

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  8. 8

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  9. 9

    別居中の杉良太郎を直撃 帰り際「俺はつぶれないから」

  10. 10

    “匂わせ不倫”でさらなる燃料投下 木下優樹菜引退の決定打

もっと見る