現場の評判イマイチ SMAP草彅剛に求められる“座長”の自覚

公開日:  更新日:

 視聴率が2ケタを超える作品が少ない今1月期の連続ドラマ。その中でダントツの視聴率17.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区=以下同)を記録したのが、草彅剛(41)主演の「スペシャリスト」(テレビ朝日系)の初回放送だった。SMAPの解散騒動の真っただ中だったこともあり、第2話で12.5%に急降下した時には「“棚ボタ”的な高視聴率」と揶揄されたが、第3話では14.1%と持ち直し「今期ドラマベスト視聴率」を確実なものとした。

 草彅は主演デビュー作「いいひと。」(97年)では平均視聴率20%超の高視聴率を叩き出し、最近でも、「任侠ヘルパー」(09年)で15.0%、「冬のサクラ」(11年)で14.0%、直近の主演ドラマ「銭の戦争」(15年1月期)でも全話平均13.4%を記録。視聴率俳優としての地歩を固めている。

「今回の高視聴率は、草彅のドラマだからという視聴者の信頼感もあったでしょうが、テレビ朝日サイドのPR努力も相当なものがあった。何しろ、放送直前の番組『科捜研の女』に草彅をドラマの役柄そのままでゲスト出演させるという豪腕PRまで行ったほど。長寿化してパワーダウン気味の『科捜研の女』や『相棒』に代わる新シリーズの主役に、数字が取れる草彅を考えている節がある」(テレビ誌ライター)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  8. 8

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

もっと見る