冬ドラトップは草彅剛「スペシャリスト」 勝因はどこに?

公開日:  更新日:

 冬ドラマは底冷えするほど不調。そんな中で平均視聴率でトップを走っているのが草彅剛主演の「スペシャリスト」(テレビ朝日系)。2013年から「土曜ワイド劇場」枠で特別企画として放送されたが、1月から連ドラとして放送となった。

 初回視聴率の17.1%はトップ、平均14%近い数字をマークしている。ドラマは草彅が服役した過去がある刑事という異色の設定。癖のある演技が持ち味だけにハマったという見方もできる。もっとも、ドラマウオッチャーの見方は……。

「草彅を引き立てているのは上司にあたる特別捜査係の主任、南果歩の存在です。表情も部下を叱る声も迫力があり、変わり者の草彅とのコンビも絶妙です。折しも夫の渡辺謙の胃がんがニュースになるなど、注目度も抜群です」

 ちなみに、香取慎吾の「家族ノカタチ」(TBS系)は平均10%に届かず。SMAPメンバーの明暗が分かれた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る