日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

冬ドラトップは草彅剛「スペシャリスト」 勝因はどこに?

 冬ドラマは底冷えするほど不調。そんな中で平均視聴率でトップを走っているのが草彅剛主演の「スペシャリスト」(テレビ朝日系)。2013年から「土曜ワイド劇場」枠で特別企画として放送されたが、1月から連ドラとして放送となった。

 初回視聴率の17.1%はトップ、平均14%近い数字をマークしている。ドラマは草彅が服役した過去がある刑事という異色の設定。癖のある演技が持ち味だけにハマったという見方もできる。もっとも、ドラマウオッチャーの見方は……。

「草彅を引き立てているのは上司にあたる特別捜査係の主任、南果歩の存在です。表情も部下を叱る声も迫力があり、変わり者の草彅とのコンビも絶妙です。折しも夫の渡辺謙の胃がんがニュースになるなど、注目度も抜群です」

 ちなみに、香取慎吾の「家族ノカタチ」(TBS系)は平均10%に届かず。SMAPメンバーの明暗が分かれた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事