日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

判定基準は“F1層”? 年齢で差が出る「不倫バッシング」

「とても色っぽく、艶のある女でした」と、ある芸能関係者は振り返った。桂三枝改め文枝(72)との「20年不倫」と写真誌が報じた38歳の演歌歌手、紫艶について。この関係者の印象である。「30歳以上も離れた彼女と、20年も不倫関係があったとすれば、驚き。同じ男として、凄いと思った」と続けた。

 発売中の写真誌「フライデー」によると、2人は紫艶が18歳のときに舞台で知り合い、文枝からのアプローチで食事を共にしたことから交際となった。以来、大阪は梅田駅近くの2LDKマンション、東京では文枝の定宿ホテルで逢瀬を重ねてきたそうだ。同誌には、京都まで湯豆腐を食べに行った際として、赤ら顔の文枝が紫艶に唇を寄せているショットや、浜辺で両手をつないで抱き合い、頬を寄せ合うショットが掲載されている。「こんな写真を見られたら、否定できないですよね」と同誌の取材に紫艶は語り、文枝について、「私が親密になった男性は生涯、師匠だけ。この後の人生も、師匠を超える人は出てこないと思います」とコメントしている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事