日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

桂文枝に「20年不倫」発覚 巨乳演歌歌手と2ショット流出

 文枝よ、おまえもか――。

 タレント、ミュージシャン、国会議員と不倫が続々と暴露される中、超ベテラン落語家もその仲間入りだ。発売中の写真誌「フライデー」(講談社)が6代目桂文枝(72)と歌手・紫艶(38)の「20年不倫」を報じたのだ。記事によれば、2人は紫艶が18歳の頃に交際がスタート。大阪・梅田のマンションや文枝の定宿であるニューオータニで逢瀬を重ね、その関係は20年に及ぶという。文枝は紫艶の名付け親でもある。

「今回、最初に載っている写真は、2~3年前の独演会のとき、楽屋に押しかけてきて撮った写真。それ以外はかなり大昔の写真で、本人はフェイスブックにアップして『知人だけに公開できる設定にしていたのに、パソコンの不具合で流出したのかも』なんて言っているそうですが、別れ話がもつれてわざと流出させたのではと囁かれています」(芸能関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事