二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

ベッキーは謝罪会見で墓穴 問われる芸能プロの危機管理

公開日: 更新日:

 震災、災害時に国家の「危機対応」が問われるが、芸能界もしかり。対応の仕方次第では、今後の芸能活動にも影響する。

 長嶋一茂宅の塀に落書きした事件で江角マキコは「マネジャーがしたこと」として対応したが、いかにも信憑性に欠けた。江角が3月をもってレギュラー番組がすべて消滅するのも、対応のまずさにあったとみられている。

 芸能界は先人から芸だけでなく危機対応も学ぶ。「独立・解散」騒動で揺れたSMAPは冠番組で謝罪という奇策で対応。表向きは危機を回避した。問題はベッキー。即座に会見で対応したが、内容で墓穴を掘った。交際相手の“ゲスの極み乙女。”の川谷絵音との関係を「友達で間違いありません」と強調したのだが、間違いだらけであった。

 後にLINEのやりとりで「不倫」が決定的なものとなった。特に問題なのは、〈ありがとう文春〉の文言にある。交際がバレないように、外を歩くときもホテルの出入りも別々。それほど警戒していたのに、報道を受け「ありがとう」では、発覚するのを待っていたに等しい。これでは仕事関係者も怒るだろうし、世間も呆れてしまう。本人だけでなく、事務所の危機管理体制を問われても仕方ない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  6. 6

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  7. 7

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  8. 8

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

  9. 9

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

  10. 10

    ロシア紙さえも“詭弁”と評したプーチン大統領の特異解釈

もっと見る