• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

ベッキーは謝罪会見で墓穴 問われる芸能プロの危機管理

 震災、災害時に国家の「危機対応」が問われるが、芸能界もしかり。対応の仕方次第では、今後の芸能活動にも影響する。

 長嶋一茂宅の塀に落書きした事件で江角マキコは「マネジャーがしたこと」として対応したが、いかにも信憑性に欠けた。江角が3月をもってレギュラー番組がすべて消滅するのも、対応のまずさにあったとみられている。

 芸能界は先人から芸だけでなく危機対応も学ぶ。「独立・解散」騒動で揺れたSMAPは冠番組で謝罪という奇策で対応。表向きは危機を回避した。問題はベッキー。即座に会見で対応したが、内容で墓穴を掘った。交際相手の“ゲスの極み乙女。”の川谷絵音との関係を「友達で間違いありません」と強調したのだが、間違いだらけであった。

 後にLINEのやりとりで「不倫」が決定的なものとなった。特に問題なのは、〈ありがとう文春〉の文言にある。交際がバレないように、外を歩くときもホテルの出入りも別々。それほど警戒していたのに、報道を受け「ありがとう」では、発覚するのを待っていたに等しい。これでは仕事関係者も怒るだろうし、世間も呆れてしまう。本人だけでなく、事務所の危機管理体制を問われても仕方ない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る