視聴率に表れた 徳光vs太川「路線バス対決」の意外な結果

公開日: 更新日:

「路線バス旅」といえばテレビ東京系「土曜スペシャル」の特別企画として太川陽介(57)と蛭子能収(68)が“開発”した番組であることは間違いない。

 一時は各局で類似番組が続々登場したが、今は徳光和夫(74)の居眠りが定番となったテレビ朝日系の「路線バスで寄り道の旅」(日曜午後)ぐらいに落ち着いてきている。雨後のタケノコが減ったことで、“先人”太川にしてみれば「ヤレヤレ」といったところだろうが、実は安心している場合ではない。「路線バス界」では今、驚きの逆転現象が起きているのだ。

「たとえば、今年1月2日の直接対決。太川番組は2部構成を取っていて、16時からの放送分が7.0%(数字はビデオリサーチ調べ、関東地区=以下同)、19時からの2部が8.5%にとどまった。これに対して徳光番組は13時からの300分で9.4%を取っているのです」(テレビ誌記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  2. 2

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  3. 3

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  4. 4

    今期2つの連ドラに出演 柄本佑の人気が“うなぎ上り”のワケ

  5. 5

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  6. 6

    「なるほど!ザ・ワールド」名物リポーター迫文代さんは今

  7. 7

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  8. 8

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  9. 9

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  10. 10

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る