視聴率に表れた 徳光vs太川「路線バス対決」の意外な結果

公開日:  更新日:

「路線バス旅」といえばテレビ東京系「土曜スペシャル」の特別企画として太川陽介(57)と蛭子能収(68)が“開発”した番組であることは間違いない。

 一時は各局で類似番組が続々登場したが、今は徳光和夫(74)の居眠りが定番となったテレビ朝日系の「路線バスで寄り道の旅」(日曜午後)ぐらいに落ち着いてきている。雨後のタケノコが減ったことで、“先人”太川にしてみれば「ヤレヤレ」といったところだろうが、実は安心している場合ではない。「路線バス界」では今、驚きの逆転現象が起きているのだ。

「たとえば、今年1月2日の直接対決。太川番組は2部構成を取っていて、16時からの放送分が7.0%(数字はビデオリサーチ調べ、関東地区=以下同)、19時からの2部が8.5%にとどまった。これに対して徳光番組は13時からの300分で9.4%を取っているのです」(テレビ誌記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  2. 2

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  3. 3

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  4. 4

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  5. 5

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  6. 6

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  7. 7

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  8. 8

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

  9. 9

    南沢奈央と破局…“こじらせ男”オードリー若林に次の春は?

  10. 10

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

もっと見る