蛭子さんに続けるか “路線バス”太川陽介にもう一つの武器

公開日:  更新日:

 今や「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」で再ブレーク中の太川陽介(57)が14日放送の「行列のできる法律相談所」で、一時「天狗」になり、その反動でしばらく仕事がなかった時期があったことを告白した。

 「天狗」になった時期とはNHKの「レッツゴーヤング」の司会に19歳で抜擢された頃。番組に誰を出演させるかを決めるキャスティング権の一部も握っていたため、新人歌手のあいさつ回りに対していつしかぞんざいになり、同じ事務所の後輩・松田聖子について「あの子は売れないよ」などと発言するほどになっていた。

 そんな態度が周囲の不評を買い、一時は仕事が一本もなくなり、担当マネジャーに「聖子の番組にバーターで出してよ」などと頼んだこともあったという。

 そうした苦しい時期を経て、旅番組と出合ったことが現在の「路線バス旅」につながったわけだが、実は太川はもうひとつ別のセクションでもブレークしていた。ずばり、「舞台俳優」としての活躍だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  7. 7

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  8. 8

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  9. 9

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  10. 10

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

もっと見る