蛭子さんに続けるか “路線バス”太川陽介にもう一つの武器

公開日:  更新日:

 今や「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」で再ブレーク中の太川陽介(57)が14日放送の「行列のできる法律相談所」で、一時「天狗」になり、その反動でしばらく仕事がなかった時期があったことを告白した。

 「天狗」になった時期とはNHKの「レッツゴーヤング」の司会に19歳で抜擢された頃。番組に誰を出演させるかを決めるキャスティング権の一部も握っていたため、新人歌手のあいさつ回りに対していつしかぞんざいになり、同じ事務所の後輩・松田聖子について「あの子は売れないよ」などと発言するほどになっていた。

 そんな態度が周囲の不評を買い、一時は仕事が一本もなくなり、担当マネジャーに「聖子の番組にバーターで出してよ」などと頼んだこともあったという。

 そうした苦しい時期を経て、旅番組と出合ったことが現在の「路線バス旅」につながったわけだが、実は太川はもうひとつ別のセクションでもブレークしていた。ずばり、「舞台俳優」としての活躍だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る