蛭子さんに続けるか “路線バス”太川陽介にもう一つの武器

公開日: 更新日:

 今や「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」で再ブレーク中の太川陽介(57)が14日放送の「行列のできる法律相談所」で、一時「天狗」になり、その反動でしばらく仕事がなかった時期があったことを告白した。

 「天狗」になった時期とはNHKの「レッツゴーヤング」の司会に19歳で抜擢された頃。番組に誰を出演させるかを決めるキャスティング権の一部も握っていたため、新人歌手のあいさつ回りに対していつしかぞんざいになり、同じ事務所の後輩・松田聖子について「あの子は売れないよ」などと発言するほどになっていた。

 そんな態度が周囲の不評を買い、一時は仕事が一本もなくなり、担当マネジャーに「聖子の番組にバーターで出してよ」などと頼んだこともあったという。

 そうした苦しい時期を経て、旅番組と出合ったことが現在の「路線バス旅」につながったわけだが、実は太川はもうひとつ別のセクションでもブレークしていた。ずばり、「舞台俳優」としての活躍だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    忖度なしの外資系が…ANAホテル沈黙は安倍自民の口封じか

  2. 2

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  3. 3

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  4. 4

    確定申告電話相談センターに医療費控除あれこれ聞いてみた

  5. 5

    嵐に深刻ファン離れ…ナゾの「256動画」も盛り上がらず

  6. 6

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  7. 7

    公的年金控除額一律10万円引き下げ「確定申告」で取り戻す

  8. 8

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  9. 9

    飯豊まりえに“ミタゾノの呪い” 過去のヒロインは引退沙汰

  10. 10

    アメとムチを使い分け…剛腕・滝沢秀明副社長の孤軍奮闘

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る