森永卓郎氏 新垣結衣にラブコールも「怒ってるらしくて」

公開日: 更新日:

「チョーがつくデブだった」と自虐する経済アナリストの森永卓郎氏(58)が2日、ライザップによるダイエット結果報告会に登場。

 4カ月間のプログラムで体重89.4キロ→69.5キロ、ウエスト114センチ→91センチまで減量に成功したことを報告した。

 昨年10月放送のTBS系「オールスター感謝祭」で“ライザップに挑戦して欲しい人ナンバーワン”に視聴者投票で選ばれ、ダイエットに挑戦。「朝起きてすぐ3秒以内にカツ丼を平らげる」という“アグレッシブ”な食生活を見直したという。

「ちょい悪オヤジになれた」とご満悦の森永氏は芸能人と一緒にご飯を食べに行きたいそうで、「新垣結衣ちゃんと行きたいって言ったら(新垣の)事務所が怒ってるらしくて。やっぱり、松田聖子さんかな」。共演NGの愛しの君との食事……その願いは「結果にコミット」できるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    140億円の超ジャンボ宝くじ当てた 40代夫婦のその後の生活

  2. 2

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  3. 3

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  4. 4

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  5. 5

    5歳未満のコロナウイルス保有量「大人の10~100倍」のナゾ

  6. 6

    史上最大の復活V 照ノ富士“地獄”を見て相撲も性格もガラリ

  7. 7

    岩手県初のコロナ感染者に誹謗中傷が…ウソ申告増加の懸念

  8. 8

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  9. 9

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  10. 10

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

もっと見る